ブログ | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

清水富美加が暴露本を出版!?早っ



突然女優をやめて「幸福の科学に出家する」・・・とお騒がせな清水富美加が、
17日、幸福の科学出版から「千眼美子」の名義で暴露本を出すようだ。

タイトルは
「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~ 」だと。

さっそくAmazonに出ていた。



いや〜幸福の科学も商魂たくましいというか、
所属事務所との意見が食い違って訴訟にもなりそうな状態で
早々に暴露本を出版とは・・・。

それも12日に突然発表して
17日に出版。

いつから準備してんの?

やることが汚いというか
エゲツない感じ。

品位のかけらもない。


これが本の表紙。(Amazonより)
91AAqOWjZBL.jpg



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
タグ/

納得!ユーチューバーKAZUYAが「清水富美加、幸福の科学出家」を解説


人気ユーチューバーのKAZUYAさんが、
「清水富美加、幸福の科学へ出家で引退」について
昨夜Youtubeで生放送していた。

いつもながら、
わかりやすい、
おもしろい、
納得。

良識的な一般市民の声だと思う。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

女優 清水富美加 幸福の科学に出家のため引退

日刊スポーツニュース記事より
http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1778035_m.html?mode=all


 

幸福の科学、清水富美加は「心身に傷」会見全文

 女優清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」に出家するとの報道を受け、幸福の科学の専務理事広報担当の里村英一氏(56)と清水の代理人弁護士の佐藤悠人氏(58)が12日、都内で会見を行った。

 里村氏は「出家することになりましたので、経緯をご説明いたします」と前置きし、説明した。

 以下、会見全文。

 子どもの頃から熱心な当会の信者で、支部や祈願に参加し、仏法心理的価値観を子どもの頃から学ばれてきました。芸能活動でつらいことがあっても、元気や励ましを届けたいと頑張ってきました。しかし次第に主役級の役を与えられる中で、人道的な作品に出演したいという彼女の意思に反し、必ずしもそうものでない仕事が与えられてきました。

 突然、青天のへきれきのように出家を希望したとみれる点がございましたので、出家には大きな伏線があったことをご報告させていただきます。

 私ども、芸能界にしばしばみられる奴隷契約、就労環境があったことが大きな点だと思っております。当初は歩合制であったものの、事務所は何もしてくれなかった。次第に稼ぐようになったら、事務所から「月給5万円」と、月給制を持ち出された。お父さまから事務所に、厳しいのではないかとお話ししたところ、仕事を干されたというのがありました。その中で清水さんは、仮面ライダーシリーズのオーディションに自分で申し込み役を射止めましたが、睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかったという環境で、仕事をやっておりました。嫌な仕事の典型は、水着のDVDであった。性的対象にされるのが嫌で事前に拒否していたにもかかわらず、「もう決まっている」と、無理に入れられてしまった。仕事を断ると干されるという恐怖の中で仕事をしていたと言っていました。しばしば周囲に死にたいと、多いときには週1回、漏らすようになりました。マネジャーにも言うと「あまり言うと死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい。死ぬという言い方はずるい」と言われました。自分の奥底に気持ちをため込むようになったそうです。事務所側は、彼女の危機的状況に対して、真摯に対応してこなかったという状況であります。

 昨年秋に、今年公開になる暗い映画の撮影が続き、祈願を受けると言うことで何とかやってきました。その中で「女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー」をきっかけに、長年おさえていた思いが吹き出した。これをきっかけに天命を確信して、出家を決意するに至ったのでございます。弁護士に依頼し、迷惑をかけないよう今の仕事をどう整理していくのかという段階になったけれど、事務所に相談すると「せめて決まっている仕事はやってもらわなきゃならない」という、聞く耳を持たない強硬姿勢に出られました。それを見た清水さんは心身に大きな傷を受け、専門医の治療を受け、ドクターストップで仕事を休むという結論になりました。病名などは個人情報につき控えさせていただきます。SOSを役者さんがあげても、事務所側は仕事だからやるしかないと言うばかり。突然スケジュールの穴をあけたのではなく、整理したいのに、事務所がやれという一点張りだったために、このような事態になっています。 診察した医師からは「生命の危険があります」と診断が出ています。働き続けて死を選んだ電通の社員の事例を思い出さずにはいられません。宗教上の緊急救済の必要があると考え、出家を認めるに至ったのであります。事務所側はその経緯を全く理解しようとしていない。「業界のルールに従わないとこの世界では生きていけない。どんなおかしなルールでも、事務所を辞めたら本名を自由に使えないとか、ルールから逃げられなくて、毎日がギリギリの状態でした」と本人が申しております。本人によると、そうした思いをしているのは自分だけではないと。若い役者たちは同じように死にたいと申していると。業界のあしき部分があるならば正していただきたいと、清水さん個人を越えて、芸能界が浄化されることを願っています。

 出家は、本人の魂の救済をすると同時に、本人が世俗と縁を絶ち、人の魂を救済する仕事に24時間するということ。宗教家清水富美加になります。法名が与えられました。名前は「千眼美子(せんげんよしこ)」千の眼で闇夜で苦しんでいる人を探し、千の眼で救う、千手千眼観音菩薩(ぼさつ)から来ています。現在清水さんは非常に体調が不安定で危険な状態が続いております。今日も出席不可能。したがって今月で事務所との契約は解除。体調が回復したら宗教家としての活動に移って参ります。事務所との交渉内容の公開は差し控えさせていただきます。何人も思想の自由、幸福追求の権利が保障され、苦役が禁止されていることは、日本国憲法に保証されている。過密なスケジュール、本人が望まないキャラクター、人を食べる仕事も含まれております。事務所の仕事の振り方が不適切だったのではと思っています。事務所から振られたときに断れない状況の中で、よくもこんな仕事を当会の信者にさせたなと、個人的には思っています。皆様の温かいご理解を賜りたいと思います。




清水富美加って誰?と思ったが、
NHK朝ドラ「まれ」に出てた主人公の同級生ということで
わかった。
(あのドラマは酷かった。)

「睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかった」
というのはひどい話だ。

本当か?

一見華やかな業界の裏側はそんなにひどいんだろうか。

何だか被害者のような形で一方的に業界を非難して、
それで進行中の仕事もあるのにすべて放棄して引退宣言、というか「出家宣言」。

どのような生き方をするかは本人の自由だが、
唐突でちょっと腑に落ちないところもある。

気になるのは「総裁による守護霊メッセージ」として
何が語られたのか。

それは守護霊メッセージという形を取っていたとしても
過去の例だと、大川総裁本人の意見が述べられうようなことがほとんどだから。

大川総裁の意見を聞いて、
熱心な信者である彼女が相当衝撃を受け、
それで一つの決断に至ったというのが本当のところだろう。

教祖の一言は大きい。重い。




Amazonのレビューが2月12日付で、
ズラッと信者学生っぽい投稿で埋められたところが何とも「痛い」。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村






タグ/

新潮45 安倍・トランプ会談は家庭連合の手配だった


新潮45のサイトより

1887_199-2.jpg

この「安倍・トランプ会談を実現させたカルト宗教人脈」というのが
勝共連合=家庭連合(旧称 統一教会)というわけだ。



記事の内容はネットのあちこちに転載されている。

やや日カルト新聞によると、記事の要旨は以下のようだ。

「昨年11月9日夜、
米大統領選での電撃的なトランプの勝利宣言に慌てた安倍晋三首相が激怒。
外務省を含む官邸ブレーンがヒラリー勝利を予想し、
トランプ陣営へのアプローチについて全く準備をしていなかったからだ。

その安倍首相の怒りを収めたのは、
統一教会=国際勝共連合と近しい安倍側近議員。
統一教会=勝共連合がトランプとのホットラインを持っていることを知るこの側近の進言で、
安倍首相は勝共連合の“重鎮”に電話を掛けトランプ陣営への取次ぎを依頼。
その重鎮から統一教会の韓鶴子総裁を経由してトランプの娘婿に繋がり、
その結果、15時間後の翌10日午前7時55分から20分間の安倍・トランプの電話会談が行われ、
18日(日本時間朝)の直接会談が実現した」



外務省ができなかったことをしたのだから、
これはお手柄ではないのか?

日米同盟は日本外交の一番の要。

国益にプラスになることならば、
感謝されることはあっても、批判される筋合いのものではないと思う。

「霊感商法」で逮捕者が出たとか「合同結婚式」で世間を騒がせたとか
昔のことを引っ張り出してきて批判するのは、
とにかく「安倍おろし」をしたくてたまらない人、
安倍首相のイメージダウンをさせたい人たちではなかろうか。




2ちゃんねるには、こんな書き込みを見つけた。クスッ

幸福のカルト「トランプと安倍の

       背後霊と交渉した

       私のおかげです」




この記事がお役に立てたら、ぜひクリックを。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村




タグ/

発展?現状維持?それとも衰退?

早いもので2016年もあと数日となった。

1年を振り返り、また来年を展望する時節だ。

私は、私たちは
果たして
発展しているのか?
現状維持なのか?
それとも衰退しているのか?

どうなんだろう?

またそれはどうしてそうなんだろうか?

どうしたらもっと発展するのだろう?

「私たち」というのは、
家族のことでもあり、
自分の所属する教会のことでもあり、
また教団全体において、
また国においても、
あらゆることにおいて言えることなのだが。

そんなことを考えた。



皆様、良いお年を。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

半島に世界最大の反日核武装国家が生まれる!?

産経の興味深い記事がある。

【野口裕之の軍事情勢】
北朝鮮の細胞に無政府状態にされていく韓国 反日で従北で親中事大主義の国がまたも日本に国難をもたらす!


以下、冒頭部分と最後の部分を引用する。

「韓国の朴槿恵大統領が「親友」と思い込んでいた女性実業家の崔順実容疑者=職権乱用の共犯容疑などで11月3日に逮捕=らの「国政介入」疑惑は、かの国を激しく揺さぶっているが、大混乱に乗じ、韓国各界で増殖を続けてきた北朝鮮系細胞による国家転覆に向けた秘密工作が進行中だ。

 政治をマヒさせると同時に、韓国の一般国民の怒りをあおり、騒擾や大規模デモへと導き、無政府状態に陥らせようと謀っているようだ。しかも、細胞を背後で操る北朝鮮は、ベトナム戦争中、南ベトナムを地球上から消し去った北ベトナムの「平和攻勢」に学び、今次「国政介入」疑惑の間隙を突き韓国を呑み込むハラだ。

 ところが、激高しやすい民族性が災いし、一般の韓国々民は冷静になれず、真に「国政介入」を狙う勢力を見誤っている。敵味方の識別ができず、国家の舵取りを間違える歴史の繰り返しで、日本の国難は毎度、朝鮮半島より襲来する。

 今次疑惑が、北朝鮮主導の南北統一を誘発すれば、国境のすぐ向こうに世界最大の反日核武装国家が現出する。中国傀儡というオマケも付く。「反日」の具体的行動が、慰安婦像の世界拡散から核ミサイル発射に激変するのだ。
 

「朝鮮戦争は終戦ではなく休戦中に過ぎぬのに、従北勢力を野放しにする緊張感を欠いた大多数の韓国々民の思考停止は国家滅亡へとつながる。韓国内の反北・保守勢力は慰安婦問題などで「反日」を演じている余裕などないはず。 

 もっともそれは、憲法改正や集団的自衛権の解釈変更、特定秘密保護法…にコブシを突き上げるサヨクに国益を削り続けられる日本の、近い将来の無残な姿かもしれない。」



実に的を得た指摘ではないか。
この記事を見られた方は、ぜひ全文を一読してほしい。

我が教会内部でも、ああでもない、こうでもないと議論している間に
世界情勢は激変していく。

真の敵を見誤ってはいけない。
神の願いと逆行する形で、サタンは一瞬も休まず活動している。


【野口裕之の軍事情勢】
北朝鮮の細胞に無政府状態にされていく韓国 反日で従北で親中事大主義の国がまたも日本に国難をもたらす!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

韓鶴子総裁が唐津の日韓トンネル現場へ

ファミリーフォーラムの記事より

14日「日韓トンネル起工30周年記念行事」開催


文鮮明先生ご存命中より
唐津の日韓トンネル調査斜坑現場へ行きたいと強く願われていたことは
聞いていた。

韓鶴子総裁も感慨深いものがあられたのではないだろうか。

恩讐関係である日本と韓国を結ぶということは
至難の業である。

人間業ではできないことだと思う。



タグ/

トランプ次男と国進氏、亨進氏との関係

FNNニュースより

トランプ氏、家族3人を「政権移行チーム」のメンバーに

2017年1月の就任に向けて「政権移行チーム」を発足させたトランプ次期アメリカ大統領。そのメンバーに、家族3人が加入した。一方、選挙戦で訴えていた過激な主張については、軌道修正を図るような動きも出ている。
アメリカ・ニューヨークのトランプタワーのロビー。
携帯電話を手に、エレベーターを待つのは、トランプ次期大統領の長女・イバンカさん。
さらには、次男のエリック氏の姿もあった。
家族がトランプタワーに集まったのは、ある理由があった。
共和党のトランプ氏は「わたしは全てのアメリカ人の大統領になる」と述べていた。
世界を驚かせた大統領選挙から3日。
ペンス次期副大統領を責任者とする「政権移行チーム」を発足させたトランプ次期大統領。
その主要メンバーに、長女のイバンカさん、長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏、次男のエリック氏の家族3人が加わった。
「政権移行チーム」に家族が入るのは異例で、トランプ氏は家族の力を借りて、新政権の人事を進めることになる。


文鮮明師の4男国進氏、7男亨進氏と、トランプの次男のエリック氏。

o0646036313744719680.jpg

o0646036313744719679.jpg

残念ながら、家庭連合本体と、国進氏、亨進氏とは決裂中。

さて、どうなることだろう?神の御心はいかに?




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

公職選挙法違反の公判速報



西川健一氏がFacebook記事で、幸福実現党に関する公職選挙法違反の公判について
速報してくれているので、昨日(2016年11月2日)の記事を時系列でまとめてみた。


今日は幸福の科学関係者の公判です。
早めに東京地裁いこ。


虎ノ門向かってます。
俺に弁護士向けて脅しに来てた奴の公判です。
俺に傍聴されるの悔しいだろな。


幸福の科学幹部思いっきり起訴されてるやん!
公判で被告人としていたし。


政党守るために「全部私が悪く、党の組織的犯行じゃない」だとさ。
涙出るね。
裁判官にキッチリ詰められてた。
決済したの誰?って
党本部だそうです。
ガサ入れされてるも全部バレてるよ。
反省してないなら、裁判官のまえで嘘つきおったってアソコに報告しに行きます。


ちなみに求刑は懲役一年。
判決11/18です。
さぁ、党本部に手が回るか!


顧問弁護士来とったが、「顧問弁護士である私になんの断りもなく」ってガチ切れしてた。


弁護士じゃなくても俺の言うこと聞いてりゃ犯罪犯さなかったのにね。


ソッコーで向こうの弁護士にチャージ開始です


トクマ、途中でテレンスリーの応援断ったらしい。
ね、俺の言うこと少しかでも聞けは救われるのよ。
調子こいてテレンスリーとべったりしてたら逮捕されてたっぽい。
俺は別に誰も嵌めてる訳でなく、しっかりアドバイスしてるのよ。
言う事を聞かんから地に落ちるんだわ。
在宅だけど他にも数人起訴されてるな事が分かった。


今日の中で一人。
超例外、初犯実刑喰らう奴がおる、、、かもね!
裁判官の前で嘘ついちゃいかん。


多少なりとも俺の言う事聞いたやつセーフ。
聞かなかったやつ全員アウトらしい。


元オスカーの今井さん、思いっきり可愛そう。
幸福の科学は迷惑な団体だ。
関わると不幸がやってきます。


幸福の科学幹部
公判で被告人として法廷に立ってました。


幸福の科学幹部についていた顧問弁護士。
やつだけ弁護士質問、酷いな。
確か、前に俺が幸福の科学総合本部でケチョンケチョンに言い負かした奴だ。
明らかに負けるアホな主張でも請ける弁護士ってどうしてもダメな奴になっちゃうんだよね。
まともな弁護士なら幸福の科学の顧問なんかやらんわな。


幸福の科学幹部、私こんなに反省してますのでどうか執行猶予お願いしますってさ、、、
反省内容は、不当な家宅捜索とか今回の逮捕が政治的陰謀とか霊言出しちゃったバカボン教祖の所で
宗教修行してますってね、、、
洗脳抜けないだけで貴方が真面目なのは知ってるけども、裁判官心象全然よくないよ。


法廷で嘘をつく。
弁護士にも話してない。
最悪な事態の始まりです。



以上

7月の参議院選挙以降、
西川健一氏による一連の記事は、大変勉強になる。



追記

一夜明けて今日はまた、西川健一氏のいろんな見解が書かれているので
まとめさせてもらう。



義務教育に希望者対象で選挙についての教育を入れたい。
履修しなかったものには選挙権を与えない。
被選挙教育も入れたい。
法律知らなかったんで公職選挙法犯しましたって
公職選挙法をよく知ってる俺からすれば同情出来る一面と
法律も知らないで立候補する神経が解らないのと両方ある。
被選挙権はあるわけだから立候補出来るが、そこにはややこしい法律があり、
その法を犯すことは議会制民主主義の根幹を揺るがす大罪となる事に認識がなすぎる。
誰でもレース出れますよって、いきなりF1乗ったらほとんどの人死ぬだろ。
被選挙者も選挙者も知識もなく選挙運営するからカオス国家になるんだ。
ほんとバカも先生も同じ一票って国の存亡に関わる危機状態を感じる。
有識者は複数票持って良いと思う。
バカの言うことも聞かなければならないのは平等と違うと思う。
努力しなかった者にはソレナリの価値しかない。
昨日の公判で選挙について全体的に思ったこと。


凄い簡単な講習ですら絶対来ないやつ居るから、そういう政治無関心は投票券与えなければ良い。
選挙権欲しければあとからでも講習受講可能にしておいて。
上級試験受かったら複数票もらえる制度にするとよいです。


教祖がたかが5万って言うから、
幸福の科学1100万人の信者が5万円の選挙違反はしても良いって思ってる。



私、幸福の科学と関わって数ヶ月の時、北海道5区補選で森山佳典の選挙応援をしたことがあります。
細かな選挙の法律の事や、演説文章基礎案書いたり校閲したり、ポスター作ったり色々しました。
森山候補のブログも作りましたが、当時幸福の科学一番人気の饗庭直道さんが月に100万も運営費掛けてるブログのトータルアクセスを1ヶ月で越え、
東京本部、佐藤直史さんから直々に次の選挙は全選挙区お願いしますと言われる程、最高の評価をもらいました。
(ま、プロだしベテランだから当たり前だが)
本部に呼ばれ職員になってくれとのお話もあったのですが、
このいきなりの出世に会員の殆どが私の足を引っ張りにきて、
アラぬ噂が今現在も幸福の科学の中で飛び回ってます。
そして幸福の科学なんかどうでも良い私は、芸能の仕事を始めるわけですが、
東京営業の時TOKMAに売り込みを頼まれ、幸福の科学と関係しない約束で尖閣上陸となったわけですが、
コレまた教祖のブラボーを頂き、しばらく総合本部という幸福の科学VIP専用施設に呼ばれ
今後のTOKMAについて一緒にやっていこうとオファーを受けました。

あくまで宗教関係なく支援してもらえるならと言う話で進んだのですが、
いつの間にかTOKMAをと取られましたが、別に気にしない私はクールにやってました。
(尖閣上陸後3年間、一度も私はTOKMAの悪口を書いていません)
しかしまぁ、その後も活躍する私をやっかみ無駄に足を引っ張りにくるんで、鬱陶しくなって潰しに行ってるのが今です。
選挙での私の能力を嫌というほど知っているくせに、選挙に絡んで私に喧嘩売ってきたもんです。
愚かというか何というか。
至高神の率いる団体が聞いてあきれる。


幸福の科学の矢内筆勝さんが私に良いねくれました。
幹部の方々見に来てるんですね(知ってるけど)
友だし申請しよう。
ちなみに矢内さんはTOKMAの尖閣上陸を必死に妨害した人です。


奥さんいる人って裁判に出てきて、「コレから監督いたしますので寛大な処置を」ってやるんだなぁ。
俺、奥さん居ないから寛大な処置もらえん。
悪いことをしないように心に誓うのだった。




以上

「義務教育に希望者対象で選挙についての教育を入れたい。
履修しなかったものには選挙権を与えない。
被選挙教育も入れたい」という提案には、なるほどなと共感する。

「本部に呼ばれ職員になってくれという話もあった」とか、
「しばらく総合本部という幸福の科学VIP専用施設に呼ばれ」とか
驚きの告白(?)がでてきた。

なるほど〜、一連の状況がよりいっそうクリアにわかる。

一番の味方にすべき人を
敵に回すなんて何と愚かな・・・。

人のふり見て我がふり直せ・・・ということで、
貴重な資料だ。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
タグ/

テレンス・リー被告に「悪質な犯行」と有罪判決

WS000009.jpg


テレビ朝日の社会ニュースより


テレンス・リー被告に「悪質な犯行」と有罪判決

7月の参議院選挙の応援演説で報酬を受け取ったとして、公職選挙法違反の罪に問われていたテレンス・リー被告(52)に執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

 軍事評論家でタレントのテレンス・リー被告は、参議院選挙で幸福実現党の男性候補者の応援演説をした際、報酬として現金合わせて10万円を受け取った罪に問われていました。東京地裁は、31日の判決で「政党の政策や理念に共感するものではなく、交友関係もなかったのにタレント活動の一環として引き受けた」「選挙を不正不法な利益の授受によって歪曲(わいきょく)しようとする悪質な犯行」と指摘しました。一方で、「犯行事実を認めている」などとして懲役10カ月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡しました。



芸能界に紹介してくれたという恩義だけで、
思想も違い、交友関係もなかった相手に、お金につられて選挙運動をして逮捕。
テレンス・リーにしては、悔やんでも悔やみきれないだろう。

気になるのは幸福実現党の対応。
「政府の陰謀」だとか言って、いまだ謝罪の一言もない。


参考までに、仕掛け人、西川健一さんのFB記事。よくわかる。

WS000010.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
タグ/

組織的な犯行で悪質だ

10月17日、先の参議院選挙で幸福実現党の候補者の応援演説をし、陣営関係者から現金を受け取ったとして起訴されたテレンス・リーの初公判があった。

仕事に恵まれず…テレンス・リー被告に求刑

参議院選挙で幸福実現党の候補者を応援した見返りに報酬を受け取った罪に問われたタレントのテレンス・リー被告の裁判で、検察側は懲役10か月を求刑した。

 タレントのテレンス・リーこと加藤善照被告は、参議院選挙で幸福実現党の候補者の応援演説をした見返りに現金10万円を受け取った公職選挙法違反の罪に問われている。17日から始まった裁判で加藤被告は、「仕事に恵まれず生活に困っていた。考えが全く違う政党を応援して金をもらってしまった。自分は万死に値する」などと述べ、起訴内容を認めた。

 一方、検察側は著名人を応援演説に呼ぶための資金として幸福実現党から総額約200万円が支出されていたと指摘した上で、「組織的な犯行で悪質だ」として加藤被告に懲役10か月を求刑した。




ただの5万円・・・じゃなかった。詳しくはわからないが幸福実現党、「悪質だ」と断罪されている。

今も東京と福岡で衆議院議員補欠選挙に候補者を出しているが、
いくら良いことを言っても、選挙違反に対しての謝罪一つもなければ説得力はない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/

憲法へ「家族条項」 蓮舫の勘違い 

民進党の蓮舫代表が
「なんで家族を憲法にあえて入れたんですか」と
安倍首相に問いただした件について。

杉浦正章さんのブログ記事
蓮舫質問は政治の基本構造を理解していない
に、明快に解説されているので、一部転載させていただく。

まず蓮舫が執拗に追及したのが憲法問題で、安倍が自民党改憲草案に対する逐条的なコメントを拒否している問題だ。蓮舫は「なぜ予算委で憲法の審議をしないというのか」と、押し問答のように繰り返した。安倍は「行政府として答える立場にない」と拒絶した。蓮舫は執拗に安倍に見解を迫ったが、はっきり言って八百屋でタコをくれと言っているようなことであることが分かっていない。

自民党副総裁・高村正彦が正確にコメントしている。高村は「内閣は憲法改正については何の機能もない。予算委で答弁を強要するのはナンセンスだ。首相に憲法改正の答弁を強要するのは、お門違いだ」とこき下ろしたが当然だ。  



さらに蓮舫は自民党の憲法改正草案にある家族条項にもかみついた。「家族は自然かつ基本的な単位として尊重される」の部分だ。「これは妻と夫が不平等の時代へと戻る」というのが批判の理由だ。戸主に家の統率権限を与えていた明治憲法下の民法における「家制度」へと逆戻りしてしまうというのである。

しかしこれも曲解以外のなにものでもない。自民党案は世界人権宣言16条や国際規約23条にある「家庭は、社会の自然かつ基礎的な集団単位であって社会及び国の保護を受ける権利を有する」に準拠したものにほかならない。むしろ家族の平等性は担保されており、蓮舫の邪推のような批判は当たらないのだ。ここでも政治の基本構造を理解していないで、デマゴーグ作りに専念する姿勢が現れている。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村






タグ/

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR