死に備えるために準備すべきこと | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

死に備えるために準備すべきこと

幸福の科学の元信者さんが書かれたブログ
「楽山日記」にとても共感する部分があった。

「死に備える方法」という記事。


以下、引用させていただく。


「死後に迷うことが無いように、生きているうちに、霊界知識を学ぶ必要がある」

わたしはこれを聞いて、もっともだと思い、霊界知識の吸収に励んだのだった。けれども、そのうちに次のことに気づいた。

「いくら霊界知識があったところで、良心に反する生き方をしていたら、地獄に堕ちてしまうのだろう。それだったら、死後の幸福のために第一に必要なのは、霊界知識よりも、良心に則って生きることではないか

まったく同感である。

もちろん、霊界知識も大切である。

たとえば地球の真裏の南米に行くというとき、
まったく南米のことを知らずに行けば、行ったあとで大変戸惑うことになる。

まず季節が正反対である。
こちらが冬でもあちらは夏である。

それから言葉が通じない。
スペイン語かポルトガル語である。

日本的感覚で行けば、カルチャーショックの連続だろう。

備えがあるに越したことはない。


しかし、知っていたとしても
本質的に準備するものが何かを間違えば
行った先で全然通用しないということになる。

霊界の知識も知っておけば心の準備ができる。
しかし霊界に行くために本質的に準備しないといけないものは何か?
それを間違えばとんでもないことになる。

楽山さんが書かれているように
「良心にしたがって生きる」
「善く生きる」
これが霊界に行くための何よりの準備であろう。

決して
エル・カンターレを信じさえすればOK
というような安易なものではないはずだ。


「最も大切なことは、罪を犯さず、影のない人生を生きることです。
何が罪なのかということは、宗教的に、また哲学的に多くの論争の種になりますが、はっきりしていることは良心が躊躇(ちゅうちょ)することをしてはならないという事実です。
良心に引っかかることをすれば、必ず心に傷が残るのです。」


文鮮明先生自叙伝「平和を愛する世界人として」より





宗教 ブログランキングへ






関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (146)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR