超極秘扱いとなった出来事とは? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

超極秘扱いとなった出来事とは?

幸福の科学の施設が宇都宮にできたとき、
そこに参拝しようとした信者5人が乗った車が高速道路で事故を起こし
全員死亡したことがあった。

その事故はTVニュースで流され、
当時インターネットでも噂になったから
私も記憶がある。

先日種村さんのブログ「真実を語る」に、そのことが書かれていて思い出した。

種村 そういえば、宇都宮の総本山ができて数年したころ、車に同乗して精舎に向かっていた会員さん5人が高速道路で事故にあい、全員死亡したことがありました。教団で超極秘扱いになった出来事でした。


なんと、これは教団内では、「超極秘扱い」とされたそうだ。

???

なぜ隠さないといけないのか?

「精舎に向かう途中で信者さんが事故に遭い死亡された」と発表すれば
信者さんの信仰が揺らいでしまうとでも心配したのか?


なんと冷たい話だろう?

大切な信者仲間が事故で亡くなったとすれば
みんなで涙を流し、冥福を祈ってあげればよいではないか?

血も涙もない、何の愛も情もないのだろうかと
空恐ろしく感じるのは私だけか?

(元妻のきょう子さんや
第一弟子であった種村さんへの仕打ちを見ても共通点がかいま見えるから
そもそもがそういう体質なんだろうか?)



2003年頃だったか、韓国で、統一教会信徒の家が火事になり
幼い子供4人が焼死したことがある。

父母の悲しみはいかばかりか?

この知らせは信徒全体に知らされ、
みんな涙を流した。

私も幼い子供がいたから他人事とは思えず
胸を痛めた。

世界中の信徒が自主的にお金を集めて
その夫婦にお見舞いをした。

韓国で2000人ほど集まった集会の場で
その夫妻が紹介され、世界中から集まったお見舞い金を渡したその場に
たまたま私も居合わせたので、よく覚えている。

激励の拍手が鳴り止まなかった。

代わってあげる事もできないし
亡くなった子供が帰ってくるわけでもない。
何もできないけれど、何とかしてあげたい。

これが家族である。

神とともに、兄弟姉妹とともに、
喜びも悲しみも分かち合う。
これが天国ではないか?

私の信じる神様は、そんな熱い心を持った神様だ。

というか、別に宗教でなくても
どこの団体もそんなものではないだろうか。


たとえどんなに学校の成績が良くても
どんなに超難関の大学に合格したとしても
もし、こういった人間として当たり前の「情」が育っていないとすれば
人間として欠陥である。



死亡事故のことを「超極秘事項」としなければならなかった・・・?
これは幸福の科学の不思議である。

幸福の科学学園においても
人間的な、バランスのとれた教育がされていることを祈る。



今回の記事は、先日の
「イイシラセ!まるでアンビリーバボーな話」
「奇跡信仰の限界」
「信仰の本質は何かを考えさせられる出来事」
に続くものです。


この記事がよかったら1クリック! にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧

2. Re:隠蔽体質 自由人

>どんきー王子さん

ブログ記事読みました。

その通りですよね。

もしかして、受験生の価値観のままずーっとそのままで大人になったら、大川氏のような人格になってしまうのかな?と考えてしまいました。

2013/03/15 Fri 22:47 | URL

1. 隠蔽体質 どんきー王子

自分たちに不利なことは
隠蔽するんですね、幸福の科学って。

っていうか、そもそも不利なことなのかな???
隠すことなのかな??

で、思い出したことがあるので
ブログに書いてみました。
「若き職員の死」についてです。
ぜひ、私のブログにもお立ち寄りください。

2013/03/15 Fri 21:09 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR