裸の王様 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

裸の王様

裸の王様とは?

コトバンクによると


はだかのおうさま〔はだかのワウさま〕【裸の王様】

《原題、〈デンマーク〉Keiserens nye Klaeder》(1)アンデルセンが1837年に発表した童話。原題は「皇帝の新衣装」の意。衣装にうつつをぬかす王が仕立屋を装った詐欺師(さぎし)にだまされ、下着姿で町を練り歩く。

(2)高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人のたとえ。



最近、この「裸の王様」という言葉を
連想することが多くなった。

あるいは「独善」「独りよがり」。

「自分は決してそうはならないぞ」という
自戒の念を込めて記す。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村




関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (155)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR