韓国と北朝鮮の自撮り体操選手は二世だった | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

韓国と北朝鮮の自撮り体操選手は二世だった

リオオリンピックで、韓国と北朝鮮の体操選手が仲良く自撮りをしたことが
世界中で話題になっている。

20160809.jpg


「これぞオリンピック精神!」と清々しさを感じるニュース。

韓国代表のイ・ウンジュ選手(17才)の母親は日本人で、
3年前まで山口県に住んでいたという。

彼女の両親は1995年、統一教会の36万双合同結婚式で結ばれた
韓日家庭のようだ。

なるほどと納得。

文鮮明先生は、生前
「世界平和の一番の近道は国際結婚だ」として
国際結婚を推奨された。

そこから生まれる二世三世を通して
神のもとの人類一家族世界は成されていくと。

韓国と日本の両親の間に生まれ育った二世には
韓国、日本という国境の概念はない。

そういうイ・ウンジュ選手だからこそ、
さりげない行動の中に
人々を驚かせるようなものがあったのだと思う。


もうすぐ文鮮明先生が聖和(逝去)されて4周年。
たくさんの問題を抱えた家庭連合(統一教会)ではあるが、
文先生が蒔かれた種は
そこここで少しずつ花を咲かせていくのではないだろうか。


テレビニュースの映像



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (124)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR