挑発的な記事をスルーする理由 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

挑発的な記事をスルーする理由

今日は、楽山日記さんの記事に応えて予定変更。

私の率直な気持ちを述べさせてもらう。

私は統一教会がどんなに評判が悪いか
よく知っている。

あらゆるスキャンダルも含めて。

言われなくても30年も信者をやっていれば
表も裏も知り尽くしていると思う。

だから、ブログ記事で色々と悪口を言われようが
気にならない。

すでに散々言われてきたことだから。

そしてどこまでが事実で、どこが誤解かもよくわかる。
当事者だから。

だから、自分自身のことに対して何か言われれば返答するが、
統一教会自体を悪く言われても、気にしないし弁明する気もない。

むしろ自分の関心ごとは
少し前に記事に書いたように
「どんな対応をするのが神様の願いなのだろうか?」
「豊かな心で対応するというのは、どのようなものだろうか?」
ということだ。

幸福の科学が始まった時のスローガン
「正しき心の探求」
「偉大なる常識人」
「家庭ユートピアから始まるユートピア世界建設」
「幸福を科学する」
「この世とあの世を貫く幸福」

私は今も、それらを熱烈に求めている。

人格を高めたいし、
神の心をもっと深くわかりたいし、
愛のある人間になりたい。

そして幸福な家庭を築きたい。
妻と終生良い関係でいたい。

本心に従って、
良心の呵責のない生き方をしたい。

簡単ではないが、死ぬまで努力だと思う。

綺麗事と言われるかもしれないが、綺麗事でも良いと思う。
それが自分の生き方だ。


幸福の科学からは良い刺激を受けた。
良きライバルだと思ってきた。

それらの本当の答えを幸福の科学に見つけたならば、
私は幸福の科学に宗旨替えしたかもしれない。

しかし20数年見てきて、それはなかった。

今もなお、私にとっての「幸福を科学した」答は
統一原理である。

それ以上の真理があれば、私はそこに行くだろう。

ただの批判ではなく、「それ以上の真理があれば」。


だから、私は昔も今もこれからも変わらず
幸福の科学流に言えば、
「正しき心の探求」
「偉大なる常識人」
「家庭ユートピアから始まるユートピア世界建設」
「幸福を科学する」
「この世とあの世を貫く幸福」

これらを求めて行くだろう。

幸福の科学の信者さんとも
お互いに切磋琢磨しながら、
本当はそんな話をしたいものだ。

人間として共通の目標に目を向けて、
善なる競争だと思う。


「あなたは大川隆法氏のことを裁いてるじゃないか?」という声がある。

たしかに裁きと取られるかもしれない。
しかし私は彼を全否定しているわけではない。

一人間として尊重して見ているし、
昔から見ていて良いところもあれば、
最近はおかしいと思うことも多々あり、
それを率直に書いているだけだ。

神とはとても思えないが、
敬意を表して呼び捨てにはせず
「氏」と呼んでいる。

私が決してアンチ一辺倒ではないのは
おわかりだと思う。

客観的な立場なので、シンパとアンチの中間かもしれない。

よそ様のことはとやかく言えないが、
ここ数年の大川隆法氏を見てると
「もっとしっかりしろ!」
とつい言いたくなるのだ。


信者さんから見ると失礼極まりないことだと思う・・・。

もしかして、自分は弱いものいじめしてるのかな?
という思いも湧いてくる。

しかしそれは、決して誰かの不幸を願う心からではなく
みんなが幸福になる道を探し求めたい心からである。

祈願がかなわなければ
「自分の信仰が足りないからだ」と自分を責めるような、
けなげな幸福の科学信者さんたちの永遠の魂に、
誰が責任を持つのか!?

そんなことを思うのだ。

幸福を求める純粋な信者さんたち、
幸せになってほしいと思う。

多くのアンチさんたちも
きっと似たような気持ちではないかと思う。



本当は秘めておきたかった本音を
今日は吐露してしまった。


※追記
ガンブロさんを改めて読み直してみて、
当方も相当の言葉足らずなところがあったことに気づいた。
誤解を生むような書き方をしたのは申し訳ない。
率直にお詫びする。

ガンブロさんのような、私の未熟さへの指摘は
大歓迎。ありがたい。

真意がうまく伝わっていないようなので
改めて書かせていただく。






宗教 ブログランキングへ




関連記事

タグ/
コメント一覧

3. Re:改めてWikipediaみてビックリ! 自由人

>真理を探求する乙女~†愛夏†(清水広子)さん

ブログをお読みくださり、ありがとうございます。文鮮明先生のご家庭については、私はとやかく言う立場ではないと思っています。私個人の所感としては、これだけ大変な家庭の事情を抱えながら、一貫してブレずに生涯を貫かれた文先生の生き様を尊敬します。あらゆる家庭問題のデパートのような状況のなかで、どのように考え、対していかれたのか、私はその姿勢からたくさんのことを学ばせていただいたということです。

2013/03/27 Wed 23:09 | URL

2. 改めてWikipediaみてビックリ! 真理を探求する乙女~†愛夏†(清水広子)

文鮮明
Wikipediaをみてビックリしました
(・_・;)

◆文誉進(1960年生) - 女性。組織を脱会。
◆文孝進(1962年生) - 男性。アルコール依存症、薬物依存症に陥った。不品行や暴力により結婚生活は破綻、1997年離婚。
◆文恵進(1963年生) - 女性。生後1週間で死亡。
◆文恩進(1967年生) - 女性。組織を脱会し一般男性と結婚。父親である文鮮明に隠し子が存在することを証言した。
◆文善進(1977年生) - 女性。合同結婚式を忌避した後、精神疾患に陥った。
◆文榮進(1978年生) - 男性。旅先のネバダ州でホテルの17階から飛び降り自殺。
◆文情進(1982年生) - 女性。自殺未遂歴あり。

ある中とか、自殺とか~とてもじゃないが~神理家庭には思えません
(・_・;)

2013/03/27 Wed 18:15 | URL

1. m(_ _)mはじめまして 真理を探求する乙女~†愛夏†(清水広子)

はじめまして~お邪魔します
m(_ _)m

私は以前、統一~の信者だったものです…

正直言って脱会できて、命拾いしたと~大げさでなく思っています
m(_ _)m

その意味では、気づかせていただいた~大川隆法総裁先生は命の恩人だと感じていますよ
(*^o^*)

ある時、文鮮明の写真をマジマジと見た時に~一見すると笑顔なのだけど

口角のね~口の端がニヤリとしてる感じがして
ニコリじゃなくて、ニヤリと見えたんですよね
信者さんで狐に憑かれ感じで動き出す人もいて~徐々に不信感というところでしょうか
(‘o‘)ノ
一番はやはり「原罪」で信者を引き留めるとこですかね?

反省はどんな宗教でも説きますが~エバ(日本)の国なら言われたまま~人を騙してまでの集金は、やはりついていけませんでしたね
(;∇;)/~~

2013/03/27 Wed 16:37 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR