堀江貴文「国境はなくなる」 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

堀江貴文「国境はなくなる」

ホリエモンこと堀江貴文氏の著書、「君はどこにでも行ける
には興味深いことが書かれている。

彼自体が独り身であり、数年前からは自分の家も持たず、
1年中自由自在に世界のあちこちを移動しながら
スマホ片手に生活しているらしい。

どの国にいたとしても、
住む家もスマホがあればAirBnBですぐ見つかる。
移動する車もスマホがあればUberですぐ見つかる。
現地の美味しい料理もスマホで検索して
瞬時に見つけることができる。

まったく不自由はないと。

「もう国の「外」と「なか」を区別する意味はなくなろうとしている」
というのだ。

国境線の意味はなくなろうとしていると。

グローバル化はスマホの普及によってますます加速していく。
その流れはもはや誰にも止められない。

島国の日本でさえ、20年も経てば日本人の意識は変わるだろう、
多くの悩みはそれで消える・・・とかなり楽観的だ。

彼は言う。
「世界も日本も勝手に変わっていく。君も好きにしたらいいのだ」

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

国境線は意味をなさなくなっていくという彼の主張が
観点は全く異なるが
文鮮明先生の提唱されていた「国境線撤廃」「人類一家族世界」と通じるところがあって
とてもおもしろかったのだ。

天の運勢、流れというものは
人間の力ではどうすることもできないもので
その方向へ、大河の流れのように進んでいくのだろうか?




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (155)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR