センスアップシリーズ「女性たちの使命」 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

センスアップシリーズ「女性たちの使命」

センスアップシリーズ「女性たちの使命」という小冊子が
私の手元にある。

1990年に幸福の科学女性用テキストとして編集されたものである。

けっこう気に入っていたので、
これは処分せずに持っている。

1989年までに説かれた幸福の科学の神理(原文のまま)のなかで
女性のあり方に関する部分をまとめたものである。

たとえばこんな内容が紹介されている。

「もし、父も母も冷酷な性格であって、『人を見れば敵と思え、狼と思え』というような方であったとしたら、そのイエスに投げかけた影は想像するだけで恐ろしいものがあります。情操教育、感情の教育ということは、目に見えた力は発揮しないかもしれませんが、それはじつにじつに大きな力があるのです。
 偉人の生涯を数多く振り返ってみるにつけても、その母の力の偉大さを私は感じるのです。『全世界が裏切ったとしても、私を信ずる母がいる』ということが、どれほどの生きがい、あるいはやりがいとなり、命の糧となったでしょうか。」

「大天使ミカエルの降臨2より」

当時バブル絶頂期にあって、
信仰を土台とした良妻賢母をすすめる
幸福の科学の保守的な見解には
とても勇気づけられた。

統一教会でも
90年代から「女性の時代」ということが
強調されていたので
「どの宗教も同じだな。
霊界(天上界)からそのようなメーッセージが
降りてきているんだろうな」
そんなふうにとらえていたものだ。






宗教 ブログランキングへ



関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR