家庭を基盤としての団体とは? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

家庭を基盤としての団体とは?

今年「統一教会」は「家庭連合」に名称変更した。

18年目にして、ようやく文科省(文化庁)からお許しが出たということだ。

これを機会に、本当に体質が変わっていくことを願う。

最近教会では
「個人を伝道する時代から
家庭ごと伝道する時代へ」
とよく言われる。

もちろんきっかけは、家庭の中の一人が縁を持つところから始まるだろう。

それをいつまでも一人にとどめるのでなく、
積極的に家族と交流し、家族ごと伝道していくようにしようということなのだ。

たしかにいままでは、一人が伝道されれば
家族の知らないうちに
内緒ごとがたくさんできてしまう
ということが多々あった(苦笑)

それでますます教会のことを伝えにくくなるという・・・。

それと、家族に早くに伝えるということは、
最も身近な人から
教会に行くようになってどう変わったのか、
それが判断されるようになる。

もう見せかけは通用しないということだ。

創価学会にしろ、立正佼成会にしろ、
あと宗教じゃないが実践倫理にしろ
日本で100万人を越える団体は、
ある時から間違いなく
「個人伝道」から「世帯伝道」への転換をしているという。

地域ごとに信者の家庭があり
分教会みたいな教会があり、
それが集まりもっと大きくなって
地方の支部ができるような
どこぞの宗教団体みたいなやり方もありかもしれない。

本当に氏族や地域に基盤を作った人が
責任者になっていくようなやり方である。

「統一教会」から「家庭連合」への名称変更、
そして方針変更の掛け声が、
単なるお題目でなく実質的になされるように
願うばかりだ。









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (134)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR