タイで出版された「幸福の科学・書籍」に仏教界からクレーム | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

タイで出版された「幸福の科学・書籍」に仏教界からクレーム

グローバルアジアのニュースより



タイで出版された「幸福の科学・書籍」に仏教界からクレーム
配信日時:2015年11月25日 17時00分

 2015年11月25日、タイ字紙によるとタイ語に翻訳されて発行された「幸福の科学・書籍」がタイの仏教界で波紋を呼んでいる。

 森林派と呼ばれる一派は、仏教を冒涜するものであり、教えを歪めているとして出版社に対して販売中止を求める声明を発表したと報じた。

 タイ仏教の代表的な一派である森林派は、自らのTwitterで以下のように声明を発表した。

「大川隆法氏が主張する書籍の内容は、タイ仏教のみならず、その他の宗教全てに対する冒涜である。特に大川氏が仏陀の生まれ変わりであるとともに、イエス・キリスト、マホメット、そして孔子の生まれ変わりでもあるという主張は受け入れられるべきでない。出版社に対しては断固として発売の取り止めを求めるとともに、書店に対しても販売しないように要求する。」

 こうした要求に呼応する形で、大手書店チェーンの一つはすでに販売中止と回収を決めたが、まだ販売を続けている書店チェーンなどもあると報じている。

 タイの仏教は日本と比べて、教えに厳格であることが知られており、外国人によるパロディーや仏像を弄ぶような行為は、仏教界だけでなく、一般市民からも批判の的となった経緯がある。

 まだ声明こそ出していないが、タイのムスリムやクリスチャンからも、非常に不快だとする声がSNSなどで上がっている。




指摘されている
「大川氏が仏陀の生まれ変わりであるという主張」は、
幸福の科学の教えの結論であり、核心である。
(キリスト、孔子、マホメットの生まれ変わり・・・というのは誤解だと思われる。
しかし、「イエスを背後で指導したのは私だ」とか「イエスが『主よ』と呼んだのは私のことだ」という発言もあるので
意味からすると同義であろう。)


大川隆法氏は、受けて立つべきであると思う。

文鮮明師は数え16才の時に霊的にイエス・キリストに出会い、使命を託されたと明言されている。
そして文鮮明師が再臨のキリストであり救世主である、というのが家庭連合(統一教会)の教えの核心であることは間違いない。
それ故に、生涯を通して多くの迫害を受けられたわけだが、師ご自身も、その名にに恥じない人生を生きられた。

大川隆法氏はこのクレームにどう対されるのだろう?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村








関連記事

タグ/
コメント一覧

エル・バカターレさん、自由人さん phoenix

エル・バカターレさん

私も、バカ正直・バカ真面目ですよ(笑)
余計な真似までする・・大バカかも(汗)


あなた様の言葉には棘も無く、まったく悪意も感じられません。
心根は優しい方なのでしょう。


そして、その大阪弁、いいですね~。



考え方は自由人さんを含めて3者3様で、いろいろあるとは思いますが、お二人には好感は持ってます。
・・男から言われたくは無いでしょうが。 ^^



自由人さん。
あれこれ書いて、ごめんなさいね。

おふたりとも、失礼しました。 m(._.)m

2015/12/04 Fri 20:17 | URL

Re: 自由人

エルバカターレさん、Phoenixさん
しばらくコメントに気づかずすみませんでした。

ブログはこれからもマイペースで続けます。

ブログ村は便利だと思っています。

統一教会 80%
幸福の科学 10%
アンチ幸福の科学 10%
にカテゴリー設定していましたが、
幸福の科学カテゴリーにいるのが目障りのようなので、
このたび
統一教会 90%
アンチ幸福の科学 10%
幸福の科学 0%
にカテゴリー設定を変えました。

なんてことはありません。

どうぞ今後ともよろしく・・・です。







2015/12/04 Fri 06:39 | URL

phoenixはん エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)

人さまのブログで勝手にあれこれ話すのも気が引けまんが、ひと言だけ。

  >つまり、あなたは[我はバカターレ]と言っているのですね。

さいだす。わては自分をも「バカ」と笑い飛ばせるオトコ、エル・バカターレだす。

2015/12/03 Thu 22:26 | URL

エル・バカターレさん phoenix

私も自由人さんは公平視点の人だと思っていましたよ。

・・最近は、まるで別人のようでしたので、私が異を唱えさせて頂きました。

人格にでは無く、行動に・・です。
お間違えなく、お願いしますね。



あ、それから、どうでも良いことですが。。
[エル:EL]は冠詞で、[The、Les、Los]と同じです。

つまり、あなたは[我はバカターレ]と言っているのですね。

2015/12/03 Thu 17:15 | URL

なんかなあ・・・ エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)

自由人はん。

わてはアホらしゅうて「幸福の科学カテ」は見とらんのですケド、
なんやら最近タイヘンなコトになっとるみたいでんなあ。

わては統一協会はキライでんが、
自由人はんは公平な目を持っとるますんで好きなんだす。
なんかイロイロあるんかも知れまへんが、
平常心で行っておくれやす。

わては応援しとります!

2015/12/03 Thu 07:13 | URL

自由人さんへ phoenix

今回は、つらい目に合わせてしまいました。

私の本心は、「宗教は違えど、話の通じる人とは話もしたい」です。

だけども、ここ1ヶ月くらいのあなた様を見ていると、『喧嘩を売りに来ている』かの如くでした。

じっと、我慢をしていました。
私もですが、驚くことに他の方も同じでした。


ご存知かも知れませんが、今の私は仕事で成果を求められ、ほぼ自由時間ゼロの状態です。

その僅かな間隙を縫って、ブログやコメントをして来ました。
コメントの方が速いので、あなた様のブログにコメントしました。


その結果、集中砲火を浴びさせる結果になり、いささか複雑な気持ちです。

私のブログを見て頂いているあなた様は、お分かりと思いますが、私は[創価学会批判]はしても、[統一教会批判]は殆どして居りません。

理由は・・批判するに値しない・・からでした。

キツイ言葉ですが、本音です。


ただ一点だけ。[御嶽山の事実]です。
あの日、捜索隊に出た私の知人が知らせて来ました。

『統一教会が、御岳教を踏みにじる真似をしやがった!』と。
その彼の怒りも、猛爆発でした。

『でも、仕事は仕事』と割り切って、命を掛けて救助に向かっていたのです。
実際、片目を負傷して、救助隊から外されました。

当時は、そうした現場話もしていたのです。


だけども、そうした事実は一切公にされて居りません。
私も、何も語りません。
それは、私自身が聞いた話であり、実際にこの目で確認した訳では無いからです。

言葉というのは【生きもの】です。
放てば【仕事をします】。

言葉の善悪が、行動の善悪となり、酷い場合は社会の善悪ともなります。

それだけ、言葉は大切です。


今回は、私の言葉から、こういう結果になりました。
本来は、あなたに謝るべきでしょうが、今回に限っては申し訳ないですが、出来ません。

ですから、謝罪の意を込めて、こうして訪問致しました。

また、私のブログへも遠慮なく、お越しくださいね。

誠に失礼しました。











2015/12/03 Thu 03:08 | URL

Re: 自由人さんへ 自由人

phoenix さんへ。
詳しい解説をありがとうございました。

私はもともとアンチではなかったのですが、
いつのまにかアンチになっていたようです。

第3者ですから、客観的な立場で正直な感想を書いていますが、
不快な思いをさせていたら、どうぞスルーして下さい。

おっしゃる通り、幸福の科学カテゴリーからは出ることにします。








2015/12/02 Wed 09:09 | URL

自由人さんへ phoenix

この森林派(上座部)の間違いは、すでに2年前に答えは出されています。

◆「仏陀再誕」を否定する小乗仏教(上座部仏教)は間違いである。
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7208

それでも尚、納得しない人達が居られるのでしょう。
そうしたタイ国の一部の人達の言動を、全部の如く訴えるのは、公平な観点からではありません。

【偏向マスコミ】的視点です。
偏向マスコミの【裏】に存在している人達の考え方です。


■また、別の人達から、今件に関して回答されていますので、【是非】、ご覧ください。

断って置きますが、話し合って反論している訳ではありませんよ。

皆さんそれぞれが、【不快】に思っているのですよ!


■闇に親和性の強いあなたは、最近の記事だけ見ても【立派な?アンチ】です。

ですからどうぞ【アンチ・カテゴリ】で、思う存分に為された方が、よろしいのでは?

そして、それが私の希望です。


ちなみに私は、[タイ国切手]を、ほぼ完集していたほどの【親タイ国派】です。
おそらく、あなた様よりタイ国に関しては詳しいと思いますよ。

2015/11/30 Mon 18:03 | URL

Re: 該当記事には間違いがあります。 自由人

> 【幸福の科学を1980年代からウォッチしてきた筆者が、本当の幸福とは何か、その公式を探求する。】
> 今日こそは、敢えて言わせて頂きます。
> 看板に偽り有り!!
> あなたは、1980年代から、何を見て来たのでしょう?
> 該当記事には、【間違いがあります】。
> 教えません。
> ご自分でお探し下さい。
> 間違い記事を、間違いのまま、こうして出されるあなたに、悪意を感じます。
>
申し訳ありませんが、少なくともどの記事が間違いなのか、
指摘していただかないと、まったく見当がつきません。

間違いであることがわかれば、該当記事をすぐにでも訂正、もしくは削除しますので、
遠慮無くご指摘ください。
>
> ■私も積極的にではありませんが、あなたを数年前からウオッチして来ました。
> あなたもまた、私のブログへ、わざと、訪問足跡残していますよね。
>
> それはそれで構いませんが、
> あなたは光には背を向け、闇には敏感に反応する傾向がありませんか?
> 少なくとも私には、そう思えますよ。

貴ブログは時々覗かせていただいてます。
幸福の科学信者さんのなかで、ホンネで語られている数少ないブログだと感じるからです。
(ほかのブログは提灯記事が多すぎて、読む気にもなりませんので。)

貴ブログを訪問したとき、足跡がついていたとは全然知りませんでした。
FC2ブログユーザー同士だと、自動的に足跡がつく機能でも付いているのでしょうか?

気分を害したらすみません。


2015/11/29 Sun 15:29 | URL

該当記事には間違いがあります。 phoenix

【幸福の科学を1980年代からウォッチしてきた筆者が、本当の幸福とは何か、その公式を探求する。】

今日こそは、敢えて言わせて頂きます。

看板に偽り有り!!

あなたは、1980年代から、何を見て来たのでしょう?

該当記事には、【間違いがあります】。

教えません。

ご自分でお探し下さい。

間違い記事を、間違いのまま、こうして出されるあなたに、悪意を感じます。


■私も積極的にではありませんが、あなたを数年前からウオッチして来ました。
あなたもまた、私のブログへ、わざと、訪問足跡残していますよね。

それはそれで構いませんが、
あなたは光には背を向け、闇には敏感に反応する傾向がありませんか?
少なくとも私には、そう思えますよ。

ご自愛くださいね。

2015/11/28 Sat 15:01 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR