戦争と恐怖の時代へ突入? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

戦争と恐怖の時代へ突入?

東西冷戦の終結によって、世界の平和が訪れるかと思いきや、
宗教や民族の争いがますます激しくなっている。

中国問題、ISの問題、
世界は第3次世界大戦の前夜かも、
いや、もうすでに始まっているのかもしれない。

神がいるならどうして戦争が起こるのか?
神はそれをただ見ているだけなのか?

神の意志はどこにあるのか?
神の正義は?

神が愛であるならば、神が善であるならば
そのような人類をただ放置するはずはない。

神は間違いなく救いの手を差し伸べていると思う。
世界の平和へと導く計画を、進めていると思う。

しかしそれに気づくかどうか、
気づいたとして、その神の計画に従えるかは
人間の責任なのだ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR