あぶない一神教、そしてもっと危ない日本 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

あぶない一神教、そしてもっと危ない日本

社会学者・橋爪大三郎氏と元外務省主任分析官・佐藤優氏の対談本を読んだ。



Amazonの内容紹介

世界の「混迷」を解き明かす最強の入門書。
一神教世界はかなり「あぶない」。だが日本は、もっと「あぶない」。ではどうする?(社会学者・橋爪大三郎)
大陸から隔絶された島国で暮らす日本人にとって、いま何が足りないのか。目に見えない知を論理的に突き詰めて、超越的な世界を知ろうとする態度―― 一神教に対する理解だと思うのです(元外務省主任分析官・佐藤優)


9.11テロから「イスラム国」誕生まで。キリスト教世界とイスラム教世界の衝突が激しさを増している。だが、歴史を遡れば、両宗教は同じ「神」を起源としていたはず。どこで袂を分かち、何が異なり、なぜ憎しみ合うのか。社会学者・橋爪大三郎氏と元外務省分析官・佐藤優氏による白熱対談。

キリスト教徒23億人。イスラム教徒16億人。世界の半数を占める一神教信徒のルールを知ることで、日本人が国際社会で闘うための術も見えてくる。

【目次】
まえがき
序章 孤立する日本人
第一章 三大一神教の誕生
第二章 迷えるイスラム教
第三章 キリスト教の限界
第四章 一神教と資本主義
第五章 未知なるものと対話するために
あとがき



Amazonの書評では、あまり良い評価を得ていないが
私としてはとても興味深く、特にイスラム教について他のどの本よりもよくわかった。

日本の常識は世界の非常識。
一度「一神教」のユダヤ教、キリスト教、イスラム教文化圏の人々の目から、日本がどのように見えているか、
よく知る必要がある。

一番参考になったのは最終章、
日本の学校教育の限界について語り合っているところだ。

これから世界で渡り合える人間をいかに育てていくか。
今の学校教育ではほぼ不可能である。

何のために勉強するのか、その動機付けが欠落している。

今は、教師が熱く人生を語ること、夢を語ることが難し時代なのかもしれない。

明治維新の頃、世界の情勢に目を覚ました日本人はどうだったか、
最近テレビドラマでもよくその時代が取り上げられるので、比較すると色々考えさせられる。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR