池上彰の「おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

池上彰の「おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」

TSUTAUA書店のベストセラーコーナーで
新書の4位くらいに並べてあったので
気になってちょっと手にとってみた。



以下は、出版社の紹介文だ。

内容紹介
現代の教養とは「自分を知ること」です。
いま、学ぶべき教養とは何か? 現代人必須の7科目とは、「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7つを貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識だ。7科目のエッセンスを講義形式で明快に説く決定版。現代人の「生きる力」=教養の本質が一気に身につく!

[目次]
序 章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?――現代の教養七科目
第一章 宗教――唯一絶対の神はどこから生まれたのか?
第二章 宇宙――ヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源
第三章 人類の旅路――私たちは突然変異から生まれた
第四章 人間と病気――世界を震撼させたウイルスの正体
第五章 経済学――歴史を変えた四つの理論とは?
第六章 歴史――過去はたえず書き換えられる
第七章 日本と日本人――いつ、どのようにして生まれたのか?


「最先端」といわれる学問もやがて時代遅れとなり、陳腐化してしまう。
すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる。
いま真に学ぶべき教養とは何か。

それは「私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」
その根源的な問いに答えることだという。

そのために必要な教科として
(1)「宗教」(2)「宇宙」(3)「人類の旅路」(4)「人間と病気」(5)「経済学」(6)「歴史」(7)「日本と日本人」
の7つをあげて、池上さんが実際に大学生に向けて講義した講義録がこの本である。


すばらしい試みだと思う。
まさに、今本当に身につけるべき教養はこれらである。
じつによくまとめられていると感じた。

ただ残念なところ。

それは「私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」という問いに対して
納得のいく答えが得られるかというところである。

3000年年も前にソロモン王が語った言葉
「主を恐れることは知識のはじめである」(旧約聖書 箴言1章)を
思い出すまでもなく、
神を知らずには、人間や宇宙の根本問題は解けないのである。

s-WS000027.jpg

統一原理で解かれているように
結果的存在である人間自身が、存在の目的を知ろうとしても
知ることはできない。

原因者である神の意図がわからなければ
知りようがないのだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR