LGBTにどう対応する? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

LGBTにどう対応する?

「LGBT」という言葉をご存知だろうか?

LGBTとは、
女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、
男性同性愛者(ゲイ、Gay)、
両性愛者(バイセクシュアル、Bisexuality)、
性転換者・異性装同性愛者など(トランスジェンダー、Transgender)
それぞれの頭文字をつなげた言葉で
それらの人々をまとめて呼称する言葉である。

LGBT.jpg
(虹色がLGBTのシンボル)

人口の約5%は相当する(?)という報道を見た。
少数派として無視できない状況であり、
差別や偏見などの人権問題とからんでくる。

ただひとつ思うのは
LGBTは、神の設計図にはないもので、
決して神の喜ぶ姿ではないのでは?
ということだ。

「神は自らに似せて人を造られ、男と女とに作られた」のは
男と女が結婚し、家庭を築き
幸福になることを願われたのである。

人種や宗教などの多様性を認めることは大変重要なことだ。
しかし、善悪の価値ははっきり区別しなければならない。

道徳教育に対して
「一つの価値観を押し付けるな」と主張する
日教組が間違っているのと同じである。


LGBTを多様化として認めることは誤りである。
それは間違いなく結婚制度や家庭の崩壊につながり
ひいては国の弱体化につながるものだ。

LGBTの人権を主張する人たちの背後に
ジェンダーフリー、文化共産主義革命を目指す影が
はっきりと見えている。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

関連記事

タグ/
コメント一覧

LGBTの人権を主張する人たちへ 再臨のヒトラー

「一つの価値観を押し付けるな」と主張して
嫌だろだろうが
神の言葉に従え!それが善だ。
霊界で理解するな。地上で理解しとけ。

2014/12/28 Sun 17:37 | URL

ヴィア・ドロローサ 再臨のヒトラー

Albert Einstein said about " World war 4 will be fought with sticks and stones"

どうして日本がこのように大きな国になることができたのですか。サタンは、神様のみ旨をなす路程がどのようになっていくのかを知っていました。結局は神様の摂理が韓半島を中心として帰ってくることを知っていたので、四十年間この民族を苦しめたのです。それで、朝鮮の国の母である閔妃までも残忍に殺害したのです。そのようにして、すべて占領してしまったのです。そして、「日韓一体」ということをいったのです。

日本と韓国は一つの国である

というのです。今後、神様の摂理が韓半島を中心として展開するということを知っていたので、そのように接近して国をのみ込もうとしたのです。そのような作戦をして、四十年間韓半島を支配しました。

「環太平洋摂理」284・285頁

2014/12/27 Sat 23:31 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR