MBCドキュメンタリー第4弾 彼が米国に残したものとは? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

MBCドキュメンタリー第4弾 彼が米国に残したものとは?

文鮮明師は52才で渡米され、米国へ後半生を捧げられた。
米国は「現代のローマ」であると言われ、
「アメリカよ、神に帰れ!」と
建国精神に戻ることを訴え続けられた。

このたび、米国での文師の歩みを綴ったドキュメンタリー番組が
日本語に訳され公開された。

文師への大きな誤解をとく助けになるのではないかと、
このような動画の公開はうれしい限りである。


以下、Youtubeの案内文より

2014年11月25日、韓国のケーブルテレビMBC NETが、ドキュメンタリー「アメリカ、平和の道を行く」を放送しました。
今回で4回目となる番組では、アメリカ大陸における文鮮明師の様々な平和事業が紹介さ­れています。

30万人を集めたワシントン大会(1976年)をはじめ、「ワシントンタイムズ」の創­刊(82年)や
文師が脱税の嫌疑で起訴され、ダンベリー連邦刑務所に収監された(84年)際の真相な­どが明らかにされています。
このたび、MBCの許可を得て、日本語吹替え版をアップしました。







この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (141)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR