文鮮明師はいま地獄に? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

文鮮明師はいま地獄に?

教会のある大先輩が、集会でびっくりことをおっしゃっていた。

「皆さん、文鮮明先生は亡くなられてから2年なりますが
霊界でどこにいらっしゃると思いますか?

私は地獄だと思います。」

一同「えーっ?どうして?」

先輩「文先生の人柄を考えてください。
自分ひとりで天国に行って、
安楽な生活を楽しまれる方ですか?

地獄にいる人を何とか助けてあげたいと思って
自ら地獄に赴かれるのが文先生ではないですか?

生きていらっしゃる時もそうだったし、
いまもそのはずです。」

それを聞いてみな納得。

生涯を3時間の睡眠で通され、
全力投球で生き抜かれたことを皆よく知っている。

子どもが幸せに暮らしていなければ
親の心は休まるはずがない。

全人類に対して我が子のような心を持たれ、
一時も休まることのない生活をされた。

でも、その心はいつも幸せだったと
自叙伝には書かれている。

無実の罪で入った牢獄では
囚人皆が友達だったと語られた。

「地獄を天国に変える」
それがまさに文先生の生き方だったと思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR