霊言が必修なら、自分は間違いなく落第だ | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

霊言が必修なら、自分は間違いなく落第だ

もし、信者でない自分が「人間幸福学部」というものに惹かれて
幸福の科学大学に入学したとすれば、どうなるだろうと考えてみた。

「人間の幸福」という視点から、あらゆる学問や活動の再構築を試み、
個人の幸福から社会全体の幸福、国際的な正義の確立や調和、秩序の作り方まで
研究するという学部は魅力的である。

いまや科学には宗教的アプローチが必要であり、
宗教には科学的アプローチが必要な時代である。

そして個人、家庭から社会、国家、世界に至るまで
解決しなければいけない難問題が山のようにある。

人間幸福学部・・・、じつに興味深いものだ。

ただそこで待っている大きな関門がある。
卒業124単位中4単位を占める霊言に関する授業だ。

必須科目なので、それを避けては
卒業することができない。

「幸福の科学大学創立者の精神を学ぶ1・2(概論)」が参考書籍である。





それを読む私には、きっと疑問符の連続だろう。

文科省の是正意見に応えるような形でなされた法話を
いくつかそのまま文章にしただけのスカスカのテキスト。

こんなにわか作りの本がテキストか・・・、
「・・・と思います」「・・・と思います」
そんなあいまいな表現ばかりだな・・・とつぶやきつつ読む。

さらにそこには「私はここ五年ほどで、二百七十冊以上もの『霊言集』を刊行しています」
「これは、ある意味での『科学的証明』をしていると思っています」とある。

さらに、新聞に全面広告として掲載されたという事実により
「妄想や虚言、詐欺などと思われないだけの社会的信用がある」とされている。

私は率直に新聞広告にそのような機能はないと思い、
また、一方的に多くの「霊言(霊言集)」を刊行することだけでは、
「霊言(霊言集)」の科学的合理性を証明する根拠とは認められないのでは
と素朴な疑問を抱く。

そして幸福の科学大学の創立者が
5年の間に刊行したという270冊の書物を
片っ端から研究する。

そのなかで、特に自分がよくよく知っている人物については
生前の業績、言行、思想と比較してみる。

さらには他の霊能者が受けた同一人物の霊言とも
徹底的に比較する。

世界中の文献を調べてみる。

現存している人の守護霊の霊言の場合は
その人本人にインタビューを試みる。

本人に聞くことができなければ
本人をよく知っている人にインタビューしてみる。


そうして研究を重ねた結果として、創立者の霊言には
疑問符が多いという結論を出すに至ったとする。

創立者の霊言として一方的に信じるのでなく
多角的に、学問的に研究した結果
疑問を持つようになったと。


さてそのとき、果たして私は必須の4単位をもらって
無事に幸福の科学大学、人間幸福学部を卒業することが
できるのだろうか?


そんなことをつらつらと妄想してしまった。

自分だったら永遠に卒業できないかも。
いや、宗教上の理由で(?)そもそも入学を許されないか(笑)




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


関連記事

タグ/
コメント一覧

Re: タイトルなし 自由人

> なんだか
> 妄想している時間が
> とっても無駄なようにも
> 思われますが…

はははっ、
ホントそうですね。

おっしゃるとりです。

もっと大切なことのために
時間を使うよう心がけよう。

2014/11/11 Tue 23:10 | URL

ウィル

なんだか
妄想している時間が
とっても無駄なようにも
思われますが…

2014/11/11 Tue 09:52 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR