不認可の決定的理由は「霊言」の信頼性のなさ | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

不認可の決定的理由は「霊言」の信頼性のなさ


産経新聞のニュース記事によれば
以下の説明がある。
「審議会によると、同校では必修科目などで大川総裁の著作を主に使用する方針が示されていた。これら著作では、特定の人物の「守護霊」がその人の意思を離れて意見を述べる「霊言(霊言集)」などの宗教的な考えを科学的根拠として扱う記述があり、大学設置基準などの要件を満たさないと判断された。」

ということで、不認可の決定的理由は、
「霊言」のようだ。

私は霊界の存在、霊人の存在は認める。
霊言ということも、ありうると思うし、例えば江原啓之さんがTV番組で、「いま、亡くなったおばあちゃんがそこに来ておられますよ。あなたに○○とおっしゃてます」なんていうのも素直に本当だろうなと信じるほうだ。

しかし、大川隆法氏の霊言は、信憑性に乏しい。あまりにも品がない。
下村文部科学大臣の守護霊の霊言なんか、決定的だろう。

不認可は誰のせいでもない、教祖自身の身から出たサビではなかろうか。

一生懸命お布施をして開学を願った信者さんたちがかわいそうだ。


教訓「彼を知り己を知らば、百戦危うからず」

相手がどんな判断基準を持っているのか知らず、自分の実力がどのくらいで、またどんな手を打っていいのか知らなければ、百回戦っても全敗である。

選挙も、大学も・・・。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (141)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR