日本の被災地より韓国への真心 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

日本の被災地より韓国への真心

ブログ「韓国・ソウルの中心より愛を叫ぶ」で知った情報に感動した。

韓国のセウォル号沈没を受けて、
悲しむ遺族へ日本の被災地より
慰労の手紙と贈り物が送られた。

それが韓国のメディアでも大きく報道されているようだ。

PYH2014062802040001300_P2_99_20140629122208.jpg

以下は手紙の日本語訳。

「韓国のお父さん、そしてお母さんへ

3年前、起こった東日本大地震と津波の惨事によって、
私たち日本人は深い悲しみの日々を送っていました。

そのようなおり、
送ってくださった韓国の皆さんの励ましのメッセージ、
ボランティアの方たちの支援など、
多くの友情と愛がどれほど慰めとなったか分かりません。

今も珍島の港でご両親とご兄弟の方々が互いに肩を寄せ合い、
海の彼方を見つめる姿を、
胸がしめつけられる思いで、ニュースを通して見ています。

このように何もしないでいることはできないので、
東北の被害によって災難地域で、
今も臨時住宅で過ごしている被災民の知人にお願いして、
直接手で作った手工芸品をもらいました。
何もできない私ども日本人ですが、
お父さんとお母さんたちと共に、
隣の国から寄り添って痛みを共にいたします。

どうか、ご健康にだけはご注意されることを願います。」


人の痛みを自分の痛みとして感じる。
その心は国境や国民感情を越えるのだと思った。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR