創価大学は中国の橋頭堡? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

創価大学は中国の橋頭堡?

週刊新潮を立ち読みした。



幸福の科学に関する記事もあった。
けっこういいことが書いてあると思った。

それは、霊言によるところの
「創価学会、創価大学が、中国の橋頭堡になっている」
という主張。
※橋頭堡(きょうとうほ)というのは
上陸作戦における足がかりという意味。

これには全く同感だ。

だから新潮においては
「幸福の科学が創価学会に喧嘩を売ってる」
という記事になったんだな。


問題の霊言


しかし幸福の科学も、言いたいことがあれば
霊言なんて周りくどいことをせずに
正々堂々と大川隆法氏自身の言葉として
語ったらいいだろうに。

わざわざ霊言なんていうカタチをとるから
いくら新聞広告を載せてもらっているとはいえ、
発言に対する信頼度が低下して、
キワモノ扱いされるんだよな。

人はその言葉が、正しいか間違っているかではなく、
「誰が」それを言っているかで判断する傾向がある。

自分の言葉で一貫して発言してこその信頼であって
「誰々の霊がこう言いました」では
いつまでたっても信頼は得られないのではないか?


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR