(続々)幸福の科学の家庭ユートピアの教え | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

(続々)幸福の科学の家庭ユートピアの教え

幸福の科学にあった家庭ユートピアの教え。
探せば名文がたくさん出てくる。

 仏は、何ゆえに男女を結びつけ、終生変わらぬ愛を続けさせようとするのでしょうか。実は、「家庭愛のなかには、ある意味で、すべてが含まれている」と言っても過言ではないのです。

 私は、かつて、「愛は結びつけ合う力である。愛は地上においても実在界においても最大の力である」ということを述べたことがあります。一人ひとりの人間の力は、小さく有限に見えるかもしれませんが、互いに手を取り合うことによって、さらに力を強め合うことができます。「愛は無限に結びつけていく力であるからこそ最大の力であるのだ」と私は語ってきたのです。

 家庭愛においては、この努力が試されていると言えます。結びついたものが、すぐに離反していくだけならば、それは愛の力とは言えないでしょう。愛の力のなかには、「結びついたものが、互いに力を強くし合いながら、決して手を離さない」というところがあるのです。

(中略)

 したがって、夫婦がお互いに愛し合い、相手を生かし合う経験をすることは、仏の経験の一部を人間が味わうことにほかなりません。万一、そのときに、苦労と思われるものがあったとしても、それは、「仏の苦労がいかばかりであるか」ということを推測するための、貴重な教訓になるに違いないのです。

(大川隆法著「限りなく優しくあれ」より)



神の教えが実践され、実体となる。
やがてそれが伝統となり、文化となっていく。

そこには不断の努力と信仰が必要である。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (136)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR