幸福実現党消滅の危機? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

幸福実現党消滅の危機?

昨日と、一昨日につづき、
幸福の科学関連のブログを見ていて見つけた
幸福の科学経営危機に関する話だ。

今日紹介するのは
「幸福の科学の経営危機」というよりもむしろ
「幸福実現党消滅の危機」に関する情報だ。

この内部告発が本物か偽物かは定かではないが、
幸福実現党について振り返ったもので
とても参考になる考察なので引用させていただく。


匿名 さんは書きました...
幸福実現党について

幸福実現党は現在、解散を含め今後のあり方について重要な決断を迫られています。

理由は皆様のご推測のように
1.資金が不足していること
赤坂の建物の維持費、人件費に毎月かなりの費用がかかり資金の手当てが困難である。

2.政権与党や国会議員とのパイプがまったく無いこと
安倍政権誕生の際の安倍氏との接触の失敗。頼みの綱であった下村文科相との関係の断絶。

3.社会に対する言論発信力が低下していること
大川総裁の先進的と思われていた政治的な発想と発言内容が、
すでに安倍政権の動きを超えることが出来ないほど価値が低下している。

4.総合本部職員内で実現党に対する風当たりが強いこと
職員のリストラが始まっている中、「何もしないで給料貰っている」という批判が相次いでいる。

以上のような事情が内包されているので解散の可否の検討に入っています。

もともと政党設立の趣旨に自己顕示的な要素も多々あり、
しかも会の実力分析も正確ではなかったことなどから、
原点に立ち返って見直しが進められています。

また、さらに大きな問題として、
大川総裁の政治的な発想の情報元が、
ご自分の考えではなく、
他の方の本や資料をもとにそれを模倣しているという点にあります。

ここに本当のオリジナリティーは無く、
リバティーなどの職員の多くは疑問を呈しています。
(彼らは大川総裁が他から引用していることを知っています。)

近いうちに党としての何らかの発表が予定されています。

2014年1月25日 13:26




2009年、幸福の科学が政党をつくり政治に進出する
という話を聞いた時、いよいよ来たかと思った。

1990年頃の「坂本龍馬の霊言・講義」で
大川隆法氏が
「いずれ政治にも進出する。
ただの真理探求団体ではない。
幸福の科学は宗教の枠には入りきれない。
ユートピア建設のためなら何でもしなきゃいけない」と
そんなことを明言していたからだ。

だから学校を建てるのも、
政治に進出するのも、
当初からの予定通りだと思う。


上の告発文で目に止まったのは、
「会の実力分析も正確ではなかった」というところ。
文藝春秋インタビューの大川隆法氏の発言を見ると、
それはよくわかる。
現実の教勢を全然把握してなかったんだなと。

公式サイトやブログを見ると、
幸福実現党の人たちは本当に勉強熱心だな~、
愛国心の強い人たちだな~、
純粋な人たちだな~と、心からそう思う。

彼らの努力と熱意は、心ある人には届いていると思う。

ただ残念なのは・・・、
総裁の意味不明な霊言の連発だ。

政治的な信念があれば、自分の言葉で語ればよいものを、
あるいは話を聞きたい人があれば、
直接会って話を聞けばいいものを、
奇妙奇天烈な霊言(守護霊の霊言)ですっかり信用をなくしてしまった。
あるいは白眼視されるようになったのではないかと思う。


もし幸福実現党が消滅するとすれば
それは寂しいものだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
















関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR