日本の最大の危機は人口減少 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

日本の最大の危機は人口減少

厚生労働省の発表によれば
2013年の1年間で日本の人口は24万4千人減少し、
過去最多の減少数を更新したという。

7年連続の人口減少である。

総務省統計局総人口の推移

 (総務省統計局による総人口の推移グラフ)


2013年では、31秒に1人が生まれ、25秒に1人死亡した計算。
日本の国民平均年齢は46歳、平均寿命は84歳で、
人口の4分の1が65歳以上。

出生率は、女性1人に子ども1.4人。
4人に1人は出産していない計算だ。

人口の減少は、景気の先行き、労働力の確保に
不安が高まることになる。

しかしもっと深刻な話がある。

子どもの数が減ることで、母親となる女性の数も減り、
それで逆ねずみ算式に人口が減っていくのだ。

学者たちの計算によれば、
50年後の日本の人口は現在の3分の2になり、
100年後には現在の3分の1の4000万人になるという。
そして西暦2900年には1000人となり、3000年にはゼロになる。

ゼロということは、国が消滅するということだ。


アメリカも同様に低い出生率であるが、
1年間に10万人以上の移民を受け入れる政策をとっているため
むしろ人口増加の傾向にある。

ロシア、ルーマニア、ハンガリーといった人口が減少傾向にある国々も、
移民を受け入れる政策をとることで、減少傾向を遅らせている。

日本でも今後、積極的に移民を受け入れることで
人口減少に歯止めをかける政策が取られるかもしれない。


しかし人口減少には、もっと根本的な原因がある。
結婚しなくてもいい、子どもはいらない
そのように考える人が増えているという問題だ。

これは「価値観の多様化」などど言っておられるものではない。
国の存亡がかかった問題である。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR