潔く自分の非を認めるということ | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

潔く自分の非を認めるということ

なかなか争いごとが納まらないとき、
思い起こしたいのは
自分の非を潔く認めるということだ。


「自業自得」とか「身から出た錆」という言葉がある。

原因と結果ということから考えれば、
何か自分にも原因があり、
至らぬところがあって、
いろいろ誤解があったり問題が生じている。
そのように、相手を責めるのでなく
自分自身を戒める、
そのことによって初めて問題は解決する。

悪いのは自分ではない、
あくまでも相手が悪いのだ、と
どこまでも相手の非を責めたい気持ちもわかるが、
「相手が悪い」と主張し続けたら
永遠に平行線のままだ。

神の目からみれば
それは幼い子供が喧嘩をしているようにしか
見えないだろう。

神の目で見る、
親の心で考える、
そして全てを大きく広い心で受け止める
そこに解決がある。

これは最も身近な関係、
夫婦関係でも同様であろう。

世界の大きな問題も
個人や家庭のささいな問題も
結局は人の心しだいだと思う。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (155)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR