統一教会幹部が金正恩委員長と面会 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

統一教会幹部が金正恩委員長と面会

南北統一への歩みは、
具体的、現実的になされている。

韓国と北朝鮮の政府間交渉が途切れても
統一教会がそのパイプ役を果たしてきたというのは
事実である。

昨日(8月14日)もTBS系のTVニュースで報道していた。

韓国系の実業家「北朝鮮が軍運営ホテルなど民営化」(動画あり)

この動画では、はっきりと
「インタビューに答えたのは
統一教会系の企業平和自動車の社長・・・」
と説明している。

TBS.jpg

そういえば、幸福の科学では
今年初めに「金正恩守護霊の霊言」と称して
今年のお盆頃朝鮮戦争が起こるなんて
危機を煽るような書籍を出版していたな。

現実はまったく様子が違う。

信者さんは、まさか戦争が起こり予言が当たることを
期待しているということはあるまいが、
平和的な問題解決、平和的な南北統一を目指す試みは
あらゆるチャンネルでなされているのだ。


以下、別のニュース記事より

平和自動車前社長である朴相権氏はケソン(開城)工業団地の再開、およびDMZ(非武装地帯)における平和公園設置の可能性について先頃訪朝し北首脳と会談した。

ケソン工業団地は南北間の緊張の高まった2013年4月8日に操業を中止して現在に至っている。

朴氏はまた指導的僑胞(在外コリアン)として北朝鮮指導者、金正恩委員長とも7月30日に面会した。その時の様子について朴氏はこう言う。

『彼(金正恩)は私の手をつかむなり、こう言った。“将軍(金正日)の時代から長く続く関係に感謝しています。統一に向けて前進していきましょう。”』

 朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領はDMZ内に国際平和公園を建設することを今年5月8日、ワシントンの両院議会で提案した。韓国との交渉を任されている北朝鮮の金養建(キム・ヤンゴン)党統一戦線部長は『ケソン工業団地の件が順調に進めば、DMZ平和公園についてもうまくいくでしょう。』と述べたという。

7月24日から8月4日までの平壌訪問を終えて、8月9日朴相権氏は韓国統一省で記者会見を行い金養建部長との会談の内容を語った。

『 どちらにせよ、ケソン工業団地もDMZ(非武装地帯)の中にあるのです。ケソンがうまくいくように我々が積極的に行動して初めて、DMZの公園の話しについても検討できる。現在、ケソン工業団地は操業していないのだから、DMZ平和公園の話をしても意味がないでしょう。ケソン工業団地が順調に進めば、DMZ平和公園についてもうまくいくでしょう。』 こう金養建部長は述べたと朴社長は言う。工業団地はDMZの約10キロメートル北の位置にある。朴社長は金養建部長と2時間半話し合ったということだ。



その教団はいったい、
平和をもたらそうとしているのか?
それとも
争いを起こそうとしているのか?

時間の経過とともに
自ずから明らかになるだろう。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR