大川きょう子さんの話が示すもの | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

大川きょう子さんの話が示すもの

大川きょう子さんの講和を聞いて
興味深く思ったこと。

それはそのまま
幸福の科学による救いの限界と
代案の提示になるということだ。


彼女が語るのは
幸福の科学の元主宰補佐、教祖夫人としての
立場ではなく、
いち女性としての立場である。


夫の浮気で長年苦しんだ、
その苦しみから自分を救ってくれ
癒してくれたのは
イエス・キリストと聖霊であった
という個人的な信仰告白である。

仏教の限界、
そしてキリスト教の救いについて
けっこう本質的なところを突いていると思う。

過去の出来事にとらわれて
自分の感情をコントロールできず
苦しくて苦しくてたまらなかった自分が
神の愛に包まれて癒されたという。

人間の力を超えた神の力、
神からの一方的な恩寵によって救われる
という世界である。



私が持っている仏教とキリスト教のイメージは、
仏教は罪にまみれた世界から
仏陀が自ら悟りを開いていった
地から沸き起こった宗教、
そして
キリスト教は罪のない神の子イエスが生まれることで
天から降ってきたような宗教
そんなイメージがある。


仏教的な教えに
限界を感じている人にとって、
キリスト教的な救いは
ひとつの全く違う視点を提示されて
新しい生命を頂いたような
救いの感覚を持つ人も少なくないと思う。

一個人として
大川きょう子さんの体験と信仰告白は
とても興味深いのだ。


※大川きょう子さんが、一個人としてではなく
長年主宰補佐という公人として歩んできた
そのことに対して過ちがあれば、
必ずそのことを贖罪しなければならない時が来ると思う。

因果応報の原則は
仏教であろうとキリスト教であろうと
変わらないと思うから。




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (134)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR