幸福の科学が大きく方向を誤った瞬間 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

幸福の科学が大きく方向を誤った瞬間

「2チャンネルの使者」さんの投稿が、とても明快だったので

引用させていただきます。


728 名前: 2ちゃんねるの使者 ◆YZVUCW8eDzJ2 投稿日: 2012/03/12(月) 01:14:37.24 ID:wW58DYm6
「初代教祖・善川三朗」なんて書くと小林無職はんが、
「幸福の科学の開祖は大川隆法先生で以外にありません。衆生を迷わすような発言は堕地獄への道です!」
とか言いそおなんで、あらかじめ出鼻をくじいときますわ。

『日蓮の霊言』に始まる初期の幸福の科学の教義はすべて善川はんの宗教観・世界観ですな。
現在オーカワはんが説いとる宗教観・世界観とは全然違ごとります。


【例】
●宗教観
善川=諸宗教は根源の神から降ろされたもので、互いに切磋琢磨すべき。
大川=諸宗教は幸福の科学の下に統合されるべき。


●エルカンターレ
善川=エルカンターレは9次元霊の一人。その上に上位神霊がいる。
大川=エルカンターレは宇宙の創造者。一番偉い。


●世界観
善川=万国皆平等。共産主義的世界観。
大川=日本を指導的立場にすべき。国粋主義的世界観。


●活動方針
善川=宗教団体にしてはいけない。新たな思想運動・啓蒙運動にすべき。
大川=宗教が一番尊い。幸福の科学は宗教団体として発展すべき。


わてはどっちかとゆうと、善川はんの理想に引かれた部分がおますのや。タムはんや初代はんも同じやおまへんか?


父親の善川三朗さんがいらっしゃるときは、健全な真理(神理)探究団体という感じでしたが、

1994年の「方便の時代は終わった」あたりを境に、

大川=エルカンターレは宇宙の創造者。一番偉い。」となってしまって、

おかしな方向へ行き出したように思います。


幸福の科学は

1991年の講談社フライデー事件あたりから

1994年の「方便の時代は終わった」頃にかけて

完全に方向を誤ってしまった、とみています。


1980年代、神様が、幸福の科学を何のためにこの時代に起こしたのか?

なぜ大川隆法氏に霊現象を起こしたのか?

その神様の願いから大きく外れてしまったのがこの期間です。


善川氏のおっしゃる通り、諸宗教は根源の神から降ろされたものです。

そしてこの時代に、神は幸福の科学という新たな思想運動・啓蒙運動を起こして

次の時代への準備をされたと考えています。


しかし、それは「大川隆法=幸福の科学=エルカンターレ」の下に統合されるというものではない。

根源の神の下に統合されるという願いがあったのです。


2000年前のユダヤで、イエス・キリスト誕生とほぼ同時期に生まれた

洗礼ヨハネという人物がいました。


洗礼ヨハネは、「彼こそメシヤではないか」と噂されるほどの人物でしたが、

イエス・キリストの前に、道を直くする使命を持っていた人だったのです。


彼はいったん、イエスキリストに対して「この方こそ待ち望んできた方だ」と証するのですが

その後、不信してしまいます。


自分を慕うユダヤの民を、イエスにつなげる使命をもった洗礼ヨハネだったにもかかわらず、

ユダヤの民がイエスを信じることができないように、

むしろその道をさえぎってしまう結果になりました。


その後の洗礼ヨハネの末路は悲惨です。


私は大川隆法氏は「洗礼ヨハネの使命を持っていた人だ」と思います。

そしてその使命に失敗したのが

1991年~1994年です。


その時期を境に、神様は幸福の科学から離れてしまったようです。


元幹部の証言によると、そのあたりから大川隆法氏の不倫が始まります。


関連記事

タグ/
コメント一覧

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/10 Mon 15:49 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR