言いたいことがあれば直接言えば? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

言いたいことがあれば直接言えば?

 

「日銀総裁とのスピリチュアル対話」とか「財務省のスピリチュアル診断」とか、
日銀総裁と財務省事務次官の守護霊の霊言が発刊されていて、
これが財務省や経済学者のなかで話題になっているらしい。
言論界にも衝撃を与えているらしいです。(←リバティメールによると)

そもそも守護霊を呼び出して対談するということ自体が
あやしさいっぱいなのですが
私がいわゆる「守護霊の霊言」なるものを見ていつも思うこと。

それは
「言いたいことがあれば、
その人に直接言ったらいいのではないですか?」
「直接会って、インタビューなり対談したらいいのではないですか?」

ということです。

すでに死んで、霊界に行かれている人と対談する
というのならまだ許せるけど、
まだ生きている人に対して、
「あなたの守護霊を呼び出しましたよ。
彼はこう言っていましたよ。
あなたの本音はこうだったのですね」

これってかなり失礼なことではないですか?

そんな事言われて、だれがまともに相手するのでしょうか?

人をバカにするなというか、
信頼関係も何もあったものではありません。

幸福実現党という政党もあり
メディアも持っているのだったら
堂々と渉外してインタビューすればよいものを。

自分がそうされたら、怒るだろうな。
いや、無視してまともに相手しないかも・・・・。

大川きょう子夫人との裁判に、
夫人の守護霊の霊言ビデオを証拠として出したほどですから
頭の壊れぐあいがわかります。
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR