批判にとどまらず代案が必要 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

批判にとどまらず代案が必要

幸福の科学の信者さんに対して
退会をうながすブログ記事が盛んである。

「あなたはだまされてるんだよ。
早く気づきなさいよ」と。

私は同じような言葉を
さんざん聞かされてきた立場として
ひとつ思うところがある。

それは、いままで信じてきたものが
過りだと聞かされても
それに対しての代案が提示されないと
またさまよってしまうということだ。

自然な感じで「間違っていたのかなあ」と
自ら悟っていた場合はまだよいが、
外からの力で変えられたとき、
以前よりもっと大変な状態に陥ることもある。

今までの価値観が崩れた後
それに変わる価値観がなければ
その人の精神そのものも
崩壊しかねないからだ。

チュニジアでの暴動によるジャスミン革命から、
アラブ世界に波及した「アラブの春」において、
独裁者を倒しはしたが
シリアのように、その後の体制はままならず
今も内戦状態で混沌としたままの国もあるように。


教会の友人がまえに
こんなことを言っていた。

「教会に来た時、まわりから相当反対された。
でもその時に言ったんだ。

『批判するのはあなたたちの自由だ。
しかし、私はこの教えが最高だと思っている。
半端な気持ちではない。
統一原理が真理だと思って、
自分はこれに人生をかけてるんだ。

もし自分に反対するんだったら、
これ以上の真理を持って来い。
それがあるんだったら、いつだってやめるよ』と。」


批判するのは自由。
しかし、それ以上の代案を持って批判しているのか?
ということだ。

信仰を持つによって
独特の人生観、世界観を持つようになる。

そこには常識からは考えられないような、
理解困難なことも多々あるだろう。

そこには誤りもあるかもしれない。

身近にいわゆるカルト信者がいれば
「あなたはだまされているんだ」と
諭したい気持ちもわかる。

でも、誤りを批判し、退会をうながすだけでは
不十分だと思うのだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村

関連記事

タグ/
コメント一覧

Harry

kazuさん。一度『見せかけの屁理屈』かどうか原理講論という本を(統一教会の根本的神学教本)どうか読んでみて下さい。ブログ主を通して連絡下されば贈って差し上げますよ。

2013/06/27 Thu 02:09 | URL

kazu

統一の真理に浸るものに神理はみえません。
見せかけの屁理屈で充分なのだから。

2013/06/18 Tue 13:46 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (136)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR