心の教えの限界 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

心の教えの限界

どこか忘れたが、いつか読んだ幸福の科学の本に書いてあったこと。

松下幸之助さんのダム型経営について、
「どうしたらそれができるのか?」と質問を受けた。
その質問に対して松下幸之助さんは、
「そうしようと思うことかなあ」と答えたらしい。

それは、そうしようと思うところから始まる
たしかにそれはそうだ。

幸福の科学の教えも
一事が万事、そんな感じのようだ。

たしか「余裕を持つ」という話にもあった。
どうしたら借金体質ではなく、
余裕をもった生き方ができるようになるか、
それはまず、そういう生き方をしようと思うことだ・・・
みたいな。

まず、思うところから始まる。
たしかにそうだろう。


でも、なかなかすぐに思うようにはならないのも現実だ。

それにたいしては
「一番大切なのは耐え忍ぶ力です。
耐え忍びの力で実現していきます。
何十年後、何百年後に実現することもある」
と説く。


心の教えがメインなのだから
心の力をとくのは当然だ。

まず、思うところから始まる。
そして、結果に対しては
耐え忍びなさい。
思い続けなさい。
努力を続けなさい。

たしかにそのとおりなんだけど。



・・・・って、
それだけか〜!!

簡単すぎるし、
ワンパターンすぎないか?

それで
わかったような気になるのは
浅すぎる。


人はもっともっと
深い教えを求めているのではないだろうか?


夫婦、親子、兄弟の葛藤。
隣人、隣国との葛藤。

どうしたら
いがみ合う二人が和解し
一つになれるのか?

仲良く幸せに暮らせるのか?

一人一人の人間が、
自分自身の心にある
許せない思い、自己中心的な心、
不義な心、信じられない心、愛せない心、
これらをどう克服するのか?

それをつきつめて考えない限り
思っただけでは解決しないだろう。

思い続けるだけでも解決しない。

誰もが平和を願いながら、
いつまでも平和な世界が来ないのは
一人ひとりの人間が
根本的な問題を解決できていないからだ。

jesus1597.jpg

これを解決するのが
まさに救世主であると思う。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR