霊言の功と罪 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

霊言の功と罪

「守護霊インタビュー」という書籍が
次々に出版されている。

  

今も現役で活躍されている方々のものだ。

彼らの思想、考えというものを知りたければ
彼らが直接書いた著書が
たくさん出版されているから
じっくりそれを読めば良いと思うのだが。

守護霊インタビューを読むメリットとして考えられるのは、
本人の著書を読まずとも、
手っ取り早く
この人はこんな考え方なのかと
書籍のレビューを見るような感じで、
ダイジェスト的に知ることができる
そういうことがあるかもしれない。

また、この人の過去世はじつは◯◯なんですよ
と言われると、
それはそれで興味深いのかもしれない。

しかしここには
その守護霊が本物か偽物かは別としても、
一つの大きな問題がある。

この守護霊の霊言を
たとえば一つのレビューアーの見解として
参考にする程度なら良いのだが、
信者からすれば
このレビューは絶対である。

アマゾンに書かれている書評みたいなものではない。

教祖を媒介として語られるものだから
絶対的なのだ。

守護霊のインタビューでは、
悪態をついたり、時には
異様に幸福実現党を持ち上げたりもするだろう。

いずれにせよ
その人物に対して
この人(の守護霊)はこんな人だ、
前世は◯◯だ、などと
いったん教祖の見解が示され、
評価が下されると
それは信者さんたちのなかに
基準として定着し、固定化されてしまう。

レッテルが貼られてしまうわけだ。

そして信者さんたちは
それ以降、そのレッテルを外して
自分の目で見、考え、判断するということが
難しくなる。

そのレッテルの中で
見聞きし、判断するようにならざるを得ない。


たとえば
私が統一教会の信徒というと
「タランチュラにやられないよう気をつけなければ」
とばかり、避けられる(笑)

大川隆法氏の見解が基準として、
信者さんたちには固定化されているからだ。

こちらからすると
こっけいで笑うしかないのだが。



このブログをおっかなびっくりで読んでいる信者さん、
あなたもタランチュラにやられるかもしれません。
気をつけなさいよ~(笑)

この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR