思い込みで判断していないか? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

思い込みで判断していないか?

ru0s1.jpg

幸福の科学でいうところの「正見」、
そしてそれによる「観の転回」は
パラダイムシフトに似ていると思う。

パラダイムシフトとはこんなものという、
よく用いられる例がある。


美術館で、二人の幼い男の子が騒いでいた。
父親らしき人がそばにいるが、
注意しようともしない。

そこにいた観覧者の一人はイライラして、
ついに我慢できなくなり
父親に注意する。
「息子さんたちが騒いで、皆に迷惑をかけていますよ」

父親はハッとした表情で答える。
「すみません。つい先ほど隣の病院で
妻が亡くなったところで、
気が動転していたんです」

・・・。

この瞬間、声をかけた観覧者の心は
イライラではなく、
父親を責める思いでなく、
むしろ何とか力になってあげられないか、
そんな愛の思いに変わる。
そして、早計な自分を恥じるかもしれない。



現実の、子供が騒いでいるという状況はまったく
変わっていないにもかかわらず
自分自身の相手を見る目が変わったとたん
見える景色は一変するのだ。

このようなことは
日常茶飯事であろう。

私たちは、
イメージや第一印象だけで他人を見て
判断したり、評価したりすることが多い。

本当のところはどうなのか?

思い込みではなく、
いつも心の目をしっかり開いて
真実に目を向けていたいものだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR