号外スクープを流す神経とは? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

号外スクープを流す神経とは?

楽山日記さんのほうで
霊言を根拠に歴史を語るというのは、
宗教ならまだしも
政治団体の発言にしてはどうなのか?
という指摘があった。

「幸福の科学と歴史問題」

私は初期の霊言集を読んでいて
「ほぼ当人なんだろう」と興味深く読んでいる人間だったが
よく知っている人物が登場したとき
「ああ、この霊言は100%嘘だ」と確信した。
絶対に本人ではないと。

「大笑い文鮮明守護霊の霊言」

信者さんは霊言が本物だと思い込んでいるから
霊言をスクープとして、得意満々で
公的な場所で号外配布する気持ちもわかる。

しかし、必ずしも霊言が本物ではない
と視点からみると、
かなり危うい行為である。
というか、恥ずかしい行為である。

キワモノ的な好奇心で見られるだけで、
信用性は極めて薄い。
某スポーツ新聞を連想したら良いだろう。


さらに、百歩譲って
たとえ霊言が本物だとしても
人間の良心にかけてどうなんだろう
という疑問がある。

それは幸福の観測所さんのほうで
詳しく書かれている。

「元慰安婦証言は酷すぎる」

「元慰安婦証言を信じる職員や信者たちへ」

「続き」

これがわからなければ
いち人間としての良心は
かなり麻痺していると言える。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR