幸福実現党は諸派扱い? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

幸福実現党は諸派扱い?

いよいよ参議院選挙が近づいて
ニュースでも選挙関係の報道が増えてきた。

今朝のNHKニューでも各党の候補予定人数を
発表していた。

自民党・・・
公明党・・・
民主党・・・
 ・
 ・
 ・
諸派・・・51名 

あれっ、幸福実現党は名前が呼ばれない。
諸派の扱いのようだ。

信者さんたちはきっと
「マスコミはまた幸福実現党を無視した。ひど〜い」
と悔しい思いをされているだろう。

一生懸命応援されている方ほど
その思いは強いだろうなと思う。

いち信者さんの立場はそうだと思う。

しかし、もしそれが党幹部の思いであったら
お門違いである。

それは何度も選挙を経験していれば
最初から想定済みのことであって
マスコミが全然相手にしてくれないことを前提に
作戦を練っていなければならないからだ。

言い訳にもならない。

というか、
以前に「強者の戦略と弱者の戦略」「ランチェスターの法則から見た選挙で勝つ方法」の記事で書いたように
強者の戦略ではなく、弱者の戦略で行くべき立場だから
実際はマスコミがどうとか、ほとんど関係ないのだ。

草の根レベルで、どれだけ地道に備えてきたか?

正論を唱えていれば
それで政治が変わるというわけではない。
やり続ければいつかは道が開けるなんて
あまりにも甘すぎる。

政治は数が勝負の世界。

そういうルールなのであれば
そのルールのなかで勝てる道を探すのが当然。

いち信仰を持っている私が感じること。
それは、「政治」というのは宗教とは正反対の世界だということだ。

純粋さを求め、素直であり、
清く正しくあることを求める信仰の世界。

それに対して政治は
腹黒く、したたかでなければ生き残れない世界。

マスコミで報道される政治家の言動は
大部分がパフォーマンスで、
本音の部分は、水面下でしっかり手打ちされている
こういう世界だ。

愛国心で真正面からぶつかっていこうとしている
幸福実現党の皆様方に関心はするが、
あまりにも現実を知らない愚かさも感じる。


彼らに、マタイ福音書10章にある
イエス・キリストの言葉を贈りたい。

「へびのように賢く、はとのように素直であれ。」


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR