金正雲守護霊インタビューに大きな疑問 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

金正雲守護霊インタビューに大きな疑問



「守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃」という書籍のプレビューが、
リバティWebにある。

これを見て大きな疑問があった。

気になった点はいくつかあるが、
今回はその一つだけをあげてみる。


「今、中国に頼まなければ何も動かないようになろうとしている」

――忠告しますが、中国との関係は、気をつけたほうがいいですよ。

金正恩守護霊 あんたら、まだ頭悪いの。ケリーも頭悪いの。なんとか中国に話し合いをさせようとして、中国が世界のリーダーになるように今、持っていこうとしているんじゃないの。それにうちも協力してるんだからさ。ちゃんとキックバックしてくるのよ。
中国に頼まなきゃ何にも動かないように今、なろうとしてんの。国連だって中国に頼む、アメリカも頼む。オバマさんは北朝鮮を爆撃して何十万、何百万の人が死んだのが自分のせいだと歴史に名を遺したくない。ノーベル平和賞をもらったんだから、とてもじゃないけど、そんなことできやしねえ。だから、中国に全部やらそうとする。で、もうすぐ中国がナンバーワンになる。そのときに中国が、うちをどういうふうに使うか考えてごらん。「よくやったね。まあ韓国ぐらいは、君んところで押さえといていいよ」と、これ当然だろう?




何が疑問なのか?

それは、北朝鮮の人間がどんなタイプなのか、
全然理解していないと思われるからだ。

韓国人を理解するために、
よく三国時代の例がとられる。

高句麗、新羅、百済の三国である。

百済は滅んで、百済の王族は
日本に亡命する。

日本人の気質に近いのが
百済系である。

高句麗人の気質はどうか?

それは頑固一徹である。
「武士は食わねど高楊枝」
を地でいく性格である。

とにかくプライドが高い。

たとえ飢え死にしたとしてもプライドは捨てない
そんな気質がある。

中国に対してはどうか?

それは韓流ドラマの高句麗建国話、
「朱蒙」をみるとよくわかる。

朝鮮人にとって中国は
2000年来の仇である。
敵である。

北朝鮮の願いはあくまでも
自主独立、自主的な南北統一であって
そこに中国が介入することを
極端に嫌う。

それが北朝鮮人の気質なのだ。

幸福の科学による「金正恩の本心直撃」では、
中国がナンバーワンになるのを助けて
北朝鮮がキックバックを受ける
そんな構図が描かれている。

ありえない!


金正恩がこんなに親中なら、
さっさと中国の属国になったらいいのであって、
そうは死んでもなりたくないから
身もだえしながら道を探しているんだ。


統一教会の文鮮明師も北出身だから
そのあたりの心理はよくわかるのだ。

幸福の科学による「守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃」は
いわゆる国際政治専門家の分析を寄せ集めたレベルの洞察で、
とても本人の本音というレベルではないように思える。

各国各機関からも「信用性は極めて低い」とみなされていることだろう。



もう一つの疑問は、次の記事で書いています。

この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧

Re: 八紘一宇の寛容さ 自由人

>  
> こんにちわ
> 朝鮮の民族性から 霊言のウソを見抜いたのを すごいなぁ と思って見てました
>  
> 立ち読みもされたみたいで 最近は 読むのがツラいぐらいに劣化しておりましたか‥‥
>  
>
> 百済のひとたちは日本人的だったんですね なんだか それが うれしかったです
>
> 百済のひとは王家も庶民も日の本の公族や民になったって聞いてたんで
>
> これって日本の八紘一宇的な寛容さがわかるエピソードだと思います

コメントありがとうございます。

参考になれば幸いです。

2013/05/14 Tue 17:21 | URL

Re: するどい洞察ですね 自由人

> >金正恩がこんなに親中なら、
> >さっさと中国の属国になったらいいのであって、
> >そうは死んでもなりたくないから
> >身もだえしながら道を探しているんだ。
>
> そう思いますね。
> この金正恩はニセモノでしょう。

すいふとさん、それを言っちゃあ・・・。

2013/05/14 Tue 17:20 | URL

八紘一宇の寛容さ ソフィア

 
こんにちわ
朝鮮の民族性から 霊言のウソを見抜いたのを すごいなぁ と思って見てました
 
立ち読みもされたみたいで 最近は 読むのがツラいぐらいに劣化しておりましたか‥‥
 

百済のひとたちは日本人的だったんですね なんだか それが うれしかったです

百済のひとは王家も庶民も日の本の公族や民になったって聞いてたんで

これって日本の八紘一宇的な寛容さがわかるエピソードだと思います

2013/05/14 Tue 12:09 | URL

するどい洞察ですね すいふと

>金正恩がこんなに親中なら、
>さっさと中国の属国になったらいいのであって、
>そうは死んでもなりたくないから
>身もだえしながら道を探しているんだ。

そう思いますね。
この金正恩はニセモノでしょう。

2013/05/13 Mon 16:44 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR