神の御子にますイエス | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

神の御子にますイエス

私は20代の頃、キリスト教の聖歌582番「神の御子にます」が好きだった。

スコットランド民謡「アニーローリー」が元歌なので
誰でも耳にしたことがある曲だと思う。



新聖歌397番(聖歌582番)

神の御子にますイエスの為に
 罪を敵として立つは誰ぞ

  ※全てを捨てて従いまつらん
    わが全てにます王なる主イエスよ

富の楽しみと地の位に
 目もくれずイエスに付くは誰ぞ

罪にとらわれし魂をば
 イエスに連れきたる勇士は誰ぞ

わが持てる物は主よなが物
 きよきみいくさに 用い給え



この聖歌には副題として「献身」とある。

キリスト教2000年の歴史のなかで、
このような純粋な気持ちで
たくさんの人が聖職者になり
宣教師になっていったんだと思う。

特に4番の歌詞は
20代の頃の私の心に突き刺さった。

「富の楽しみも地の位に目もくれず・・・」という以前に、
そもそも
富も地位もない
能力もない
経験もない
自信もない
無力でちっぽけな自分に落胆する
そんな年代だった。

何にもない自分。
でもそのような自分でも
神と共に歩んでいくんだ。

自分の人生は自分だけのものではない。
「我が持てるものはすべて、主よ、あなたのものです。
どうかあなたのために用いて下さい」という歌詞のように
神に役立ててもらい、
神に喜ばれてこそ私の人生だ

そんふうに決心したことを思い出す。


Youtubeで素敵なサックス演奏版を見つけた。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村



関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (136)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR