主と同じ時代に生きている奇蹟 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

主と同じ時代に生きている奇蹟



幸福の科学信者さんの口からよく聞く言葉
「主と同じ時代に生きていることが奇蹟なんだ」という話。

この話、実は私もよくわかる。
統一教会でも似たようなことを言うから。

どこも同じなんだな(笑)

いま私たちが年号を数えている西暦は
イエス・キリストの誕生が起源になっている。

キリスト以前がBC、
キリスト以後がAD。

BCはBefore Christ、
ADはラテン語でキリスト紀元という意味だ。

救世主の存在は歴史に決定的な影響を与えるということが
これだけでもわかる。



人類歴史は、キリストが生まれるまでは
「主よ、来たりませ」と未来を待ち望みながら進む。

いったんキリストが誕生すれば、
その後の歴史は
「主が生きておられるときはこうだった」と何百年、何千年たっても
その時代を振り返りながら進む。

この2000年の歴史も、
中東の一角でイエス・キリストが生きておられた
その時代を慕いながら、進んできたというのだ。


だから、「主と同じ時代に生きている」というのは
その時代に生きている人の言行が永遠に語り継がれる、
つまり歴史から評価(あるいは審判)されるということだ。

文鮮明師は、生涯3時間睡眠で苦労ばかりの人生だったが、
「歴史上の偉人義人の誰よりも苦労しなければ
霊界に行った時彼らと合わす顔がない」と語られていた。

それだけ大変なことなのだ。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR