言行不一致の原因は? | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

言行不一致の原因は?

reijintai.jpg

言行不一致の理由、それは幸福の科学が思想的に
「唯心論」に近いことが原因ではないかと思う。

「唯心論」を英語に訳すとスピリチュアリズム。
(厳密にはイコールではないけれど)

Wikipediaでは、唯心論についてこうある。

唯心論(ゆいしんろん、英: Spiritualism)とは、人間・社会において、心、もしくはその働きこそは至上の要因であるとする存在論における立場の一つ。

また、Spiritualismの和訳として用いられる心霊主義については、こうある。

心霊主義(しんれいしゅぎ)は、英: spiritualism(スピリチュアリズム)の翻訳語で、生命の死後存続、霊魂の科学的証拠に基づく思想および人生哲学である。

まさに幸福の科学の立場が
この心霊主義であろう。

心の優位性、永遠の生命ということについて
私も異論はない。
ただ、唯心論や心霊主義には、不十分なところがある。
それは肉体をもって生きていることへのより深い意味だ。

心の力を強調するあまりに
教えの生活実践化、
これを軽視する傾向はないであろうか?
そのために言行不一致となってしまうことはないだろうか?

心と体はお互いにどう関わっているのか
さらに深い考察が必要なのではないかと思う。

<心→体>
心の感動は、体に良い影響を与える。(上図では生霊要素
信仰によって癌が治った等の現象もありうる。
「思考は現実化する」
「人は思った通りの人になる」これは事実である。
「心の力が未来をつくる」これもたしかにそうだと思う。

<体→心>
その一方で、体が心に与える影響もある。(上図で生力要素
体を使って善行をした時、
つまり、頭で考えただけでなく、
言葉で言っただけでなく
自分自身の行動をもって、善なる行いをした時
心がうれしくなる、心が暖かくなる
そんな現象がある。

このときに魂は清められ成長しているのだ。
この体を使っての善行が、心に栄養を与えるという行動になる。

だから人間にとって、3次元の体をもって生きているのは
「不自由ななかでの魂修行」という意味だけではない。
また単なる「魂の乗り物」でもない。

むしろ、肉身の善なる行いによって魂が成長する。
肉身がなければ、魂への栄養素が行かないから
魂の成長もない・・・ということになる。

肉体生活を軽んじることはできない。

幸福の科学には、
心の教えを強調するあまり、
高い悟りを得ること、
心の教えを説くことをもって良しとする傾向が
あるのではないか?

体でもって実践、行動することを
軽視する傾向があるのではないか?
と感じるのだ。


愛するということは
心で思うだけのものではなく
言葉として与えるだけのものでもなく
行いとしてなすものである。

イエス・キリストがなぜ死後二千年たっても
世界20億人類から救世主として崇められ
尊敬を受けているのか?

それは彼の言葉のみによるものではない、
真実の愛の思いで、言葉と行動が完全に一致した
その完全な言行一致の姿に、人は感動し尊敬するのだ。

そしてイエス・キリストは
「天の父が完全であられるように
あなたがたも完全なものとなれ」と教えられた。

これは私たちに
イエス・キリストのような人格者、
愛の心を中心として言葉と行動が一致した
そんな人を目指しなさい、という教えだと思う。

10はできなくても
1が2になるように、2が3になるように努力する
そういう指標を与えてくれる。


心の教えは、日常の生活や宗教活動のなかで実践されなければ
大川隆法氏も20世紀後半に登場した単なる一人の作家、思想家として
歴史に記録されるだけではないだろうか?

誰かのブログにも書かれていたが、
愛の実践者としての人格的なエピソードが
あまりにも少ないように感じる。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (148)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR