それでも地球は動く | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

それでも地球は動く

s-GalileoGalilei1636.jpg

「それでも地球は動く」

地動説を唱えたガリレオが
異端審問(宗教裁判)においてつぶやいたとされる言葉だ。

当時のカトリック教会は
天動説を公認の世界観としており、
それに反する説を唱えるガリレオは
宗教裁判にかけられ有罪判決を受けた。

「それでも地球は動く」という言葉には
経験なクリスチャンでありながらも
科学的に真理だと確信したことに対しては
覆すことができないという
ガリレオの信条が表されている。

このエピソードの真偽は別として、
宗教が科学の発展を阻害した例として
学生時代、この話をよく聞かされたものだ。

宗教的信条と異なっても
真理に対しては謙虚な姿勢で受け止めるのが
科学的な姿勢であると学んだ。

宗教は非科学的なもの、
迷信や思い込みに近いもの
そんな印象を受けた。

現代人に宗教的真理を理解し受け入れてもらうためには
ただ無条件に信じなさいというのではなく、
科学的、理性的にも納得できるカタチで
真理を伝えなければならないだろう。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR