2018年06月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

米朝会談を邪魔したい中国の謀略

「北朝鮮問題は5年も10年も長引いてほしい、
そうすることで、世界は中国の悪事から目をそらしてくれる、
これが中国の本音だ」
石平さんならではの大局を見た分析に合点。



世界の諸国もそう馬鹿ではない。
もう中国には騙されない。



拡散希望 求む!クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

中国の強みは長期ビジョン。先を見ていること

中国は昨年の共産党大会で憲法改正し
10年という総書記の任期を撤廃し、事実上の終身制にした。

そして2035年までに軍の近代化を完成させ、
2049年までに世界の覇権を握ると宣言した。

共産党の独裁なので何十年もかけて
着々とそこに向け進んでいくことが可能だ

これは4年毎に選挙で大統領が選ばれる米国や
3年毎に総裁選をやる日本の自民党とは違う。

今、米国から強く経済的圧力をかけられて
渋々従っているように見える中国だが、
心の中では「トランプの任期もあと2年。
従っているフリをしておけばいい」と
舌を出しているのではないか?

北朝鮮の金正恩も同じように、
できるだけ時間稼ぎをして
米国の大統領が変わるのを待つ、
そのくらいのことは考えているだろう。

中国の太平洋への軍事戦略として
「第一列島線、第二列島線」ということが
計画されてきた。

1982年である。

the_First_and_Second_Island_Chains.png


それから38年経って、
まさしくその戦略通りに
着々と進めてきたことがわかる。

第一列島線の目標が2010年、
第二列島線の目標が2020年。

尖閣諸島への領海侵犯や
南沙諸島への海上基地建設など
みごとにスケジュール通りである。

押したり引いたりしながら
一つ一つ既成事実を積み重ねていく。

恐るべき中国の戦略。

眼の前のことしか考えていない国、
戦略を持たない国、
国内の政争に汲々とする国は
振り回されるばかりだ。

幸い、日本の安倍政権はこの中国の企みを
よくよく知って対応していると思われる。



長期ビジョン、戦略を持つものは強い。

さて、一番の戦略家は誰か?
一番の長期ビジョンを持っているのは誰か?

それは人類歴史を導いてきた神である。
国家百年の計どころではない、
何千年の歴史を経ながら、太初の理想を成そうと計画される神。

これから何百年、何千年かかろうと
理想を追い続けられることだろう。

人は変わる。
指導者も変わる。
まわりの環境も変わる。

どんなに時代が変わっても、人が変わっても
決して変わらないもの。

その決して変わらない普遍的なものをこそ
「戦略」としてもちながら、
着々と前進していきたいものだ。

目の前のことに一喜一憂したり
誰がどうとか
ああ言ったとかこう言ったとか、
そんなことはどうでもいいことである。


中国に負けるな。





拡散希望 求む!クリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (173)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR