2016年02月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

広岡浅子は筋金入りのクリスチャンだった

「広岡浅子 気高き生涯」を読んだ。

NHKの朝ドラ「あさが来た」で紹介されているとおり「九転び十起き」
波乱万丈ながら、痛快な人生である。

しかしながら、この本を読んで最も心に残ったのは
実業家としての広岡浅子でもなく、女子教育推進者としての広岡浅子でもなく、
クリスチャンとしての広岡浅子である。

最晩年に書かれたエッセイが、巻末付録に紹介されていた。
その一つ一つが言霊に満ち満ちている。

切実に神を求め、イエス・キリストを慕い、
また明治以来、ドッとキリスト教勢力が入ってきたにもかかわらず
日本にキリスト教が広まらない現実に対して
彼女なりに原因を探り、痛切に訴えかけている。

受け入れない日本人のせいではない、
受け入れるような努力を怠っているキリスト教側に問題があると。

「偽善」を徹底的に嫌う。

これは彼女の幼少期からそうであるが、
儒教の悪い部分をも、徹底的に嫌っている。

ビジネスの世界で泥臭く生き抜いて圧倒的な実績を出してきた人の言葉だから
説得力が半端ではない。

彼女は遺言を遺さなかった。
「私の言ってきたこと、やってきたこと、その生き様すべてが遺言だ」
という最期も潔く、考えさせられる。

最晩年のエッセイが、あらためて刊行されているようで
そちらも合わせて読んでみたいと思う。


広岡浅子さん、いま霊界から、どんなふうに日本を見ておられるだろうか?

幸福の科学の大川隆法総裁に、広岡浅子さんの霊言をしてもらったらどうだろうか(笑)

この迫力、聡明さ、中途半端には演技できないと思う。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村






タグ/

この世界に対して神の計画はいかに?

統一原理を通して、
世の中の出来事は神の計画と人間の責任によって
起こっていくと学んだ。

歴史も神の計画と人間の責任によって進んでいく。

神の力だけで神の計画どおりになされるものではなく、
また人間の努力だけでどうにかなるものでもない。

資本主義の終焉?
第3次世界大戦?
超個人主義による家族制度の崩壊?

現代の複雑で混沌とした情勢に対しても
神は明確な計画を持たれているはずだ。

文鮮明先生は神の啓示を受けながら
神の計画を悟り、
そしてそれに対する人間としての責任を
果たそうと終生努力しつつ亡くなられた。

特に晩年心血を注がれたのが
国連改革であった。

文鮮明先生の死後、
それを受け継ぐことはできているのだろうかと心配していたが、
このたびの韓国での行事に
世界各国から150名の現職、元職の国会議員が参加している、
そしてそれらの連合体をつくろうとしている
と知って納得した。

DSC_1799.jpg

特に代表して挨拶されたフィリピンの前下院議長である
ホセ・デベネシア氏の話は
さすがであった。

文先生の意向を受け、
国連に超宗教部会を作るように働きかけ続けてくださった方だ。

「主よ主よ、というものが弟子ではなく
主の願いを果たそうとする者が弟子である」
というイエスキリストの言葉を思い出した。





また、私たち信徒に対して
文先生が願われることも明確だ。

「氏族メシヤ」という称号を与えられ、
家族、親族の模範となることを願われた。

それは別に、経済的に成功してお金持ちになれということではない。

また子女たちがみな優秀・・・
ということでもないだろう。
(もちろんそうに越したことはないが。)

本当に幸せに暮らしているかだと思う。

言葉できれいごとを言っても、
身内はごまかせない。











にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村













タグ/

ゲス議員の辞職に思う

国会議員として初めて育児休暇を申請し
話題になっていた宮崎議員が
妻の出産5日前に、自宅に女性タレントを呼んで不倫をしていたということがスッパ抜かれて
とうとう議員を辞職することになった。



以前は世の中も、そこまで厳しい倫理感を
求めてはいなかったように思うが、
人々の意識が高まっているのだろうか?

文鮮明先生が教えてくれた天の法3か条は、
血統問題(純潔、浮気・不倫はダメ)
心情問題(人を傷つけることはダメ)
公金問題(お金の問題)

この3つだ。

人が見ている、見ていないではなく、
神様と霊界からは全てが見えているので、
この3つの問題に引っかかると
必ず罪の清算をしないといけなくなる。

世に言うスキャンダルも、だいたいこの3つだ。

男女の問題、
ブラック企業等の人への配慮のなさ、
そしてお金の不正。

人の目ではなく、神の目を気にしないといけない、
そんな時代になりつつあるようだ。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村









タグ/

ベッキー休業に見る不倫の代償

Yahoo!ニュースの記事より

 
ベッキー休業を発表 年内いっぱいか?CM違約金等被害5億以上

不倫騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)がスポニチ本紙既報通り休業すると、所属事務所が5日、文書で発表した。

【写真】美脚を競い合うベッキー、米倉涼子ら

 「全ての番組関係の皆さまとの協議を終え、ベッキーは1月30日をもって当面の間、出演を見合わせていただくことになりました。なにより本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて決定いたしました」と説明。休業は、フジテレビ系「にじいろジーン」(土曜前8・30)の出演を初めて見送った1月30日付。期間は明かさなかったが、関係者によると、年内いっぱいに及ぶ可能性がある。

 レギュラーを務めたテレビ番組10本の出演見合わせは、すでに各局が発表。唯一残っていた冠番組のTOKYO FM「ベッキー♪ GO LUCKY」(日曜前9・30)が14日で終了することがこの日までに決定した。騒動の影響で、番組が打ち切られるのは初めて。同局によると、翌週から新番組が始まるという。

 騒動が収まりをみせない中、ベッキーは心身ともに疲弊し切っており、知人は「みるみる痩せていって見ていられない」と話す。芸能界の友人らが連絡を入れて励ましている。

 ベッキー側はCMの違約金などを含め5億円以上の被害が出る見通しとなっている。


「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音とのスマホでのやりとりが週刊文春に持ち込まれ、
不倫騒動で激しくバッシングを受けていたベッキー、
レギューラーを務めていた10本の番組はすべて出演見合わせ、
CMの違約金も5億円以上と、半端ではない。

一番法律に違反しているのは、文春にプライベートな情報を持ち込んだ第三者じゃないかとか、
不倫相手の「ゲスの極み乙女」のほうは変わらず音楽活動してるじゃないかとか、
マスコミはどうしてここまでバッシングするのか、
溺れている子犬に石を投げつけるようなことをするのか?
など、話題が尽きないようだ。

それにしても、
不倫をするということはそれだけの覚悟がいることなんだ・・・・、
好きになった相手が既婚者だとわかったのに手を引かなかったらこんな目に会うんだ・・・
と世に知らしめた出来事になったようだ。

個人的にはベッキーに同情する。
ここまでやられるのかと。








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村






タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR