2015年12月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

胸はって堂々と生きたらいいんや

大晦日の今朝は、朝からNHKで朝ドラ「あさが来た」の
前半・総集編をやっていた。

休みでのんびりしながら、改めて楽しませてもらったが
ひとつ気がついたことがあった。

それは「胸はって堂々と生きたらいいんや」という意味のセリフが
あちこちで繰り返されたことだ。

もしかしてこのドラマの一つのテーマになっているのかも?と思った。

soukanzu2.jpg

主人公のあさと新次郎夫婦、あさの姉のはつと夫の惣兵衛、
ほか登場人物のそれぞれが、激変する時代のなかで
戸惑い迷いながらもひたむきに生きていく姿が描かれている。

そのなかで姉が妹に、夫が妻に、
「あんたは何も悪いことない。胸はって堂々と生きたらいいんや」
と励ます場面が何度となく出てくるのだ。

これってけっこう現代にも通じるところがあるのではないか。

いろいろ迷うことはたくさんあるが、
胸はって堂々と生きていられるか、それが一番大事なことではないかと思う。

誰が知らなくても、自分自身は自分のことをよく知っている。
他人の目をごまかすことはできても、自分の本心をごまかすことはできない。
人から認められようが、認められまいが、自分自身に誇れる生き方をしているかということだ。

そんなことを思いながら、2015年の一年を終える。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村


タグ/

世間にはこの類の不平家が大変多い

福沢諭吉は「学問のすすめ」のなかで
「世間にはこの類の不平家が大変多い」と指摘している。

「精神は高尚だが、自分の実行が伴わずに勘違いして不平ばかり持つ者」のことである。



「超入門」では、
自分の考えるレベル(心のプライド)よりも、現実の実力や働きが不足している人は、精神ばかり高尚で他人を蔑視して嫌われる。批評ではなく、行動と自己の成長に集中すべきである。

このように解説されている。

明治初期に福沢諭吉が嘆いたことが、インターネットの発達した現代にも、
そっくりそのまま当てはまることが興味深い。

特にこのくだりは、身につまされる。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
タグ/

日本全体を引き寄せる良い手本をつくる


「日本全体を引き寄せる良い手本をつくる」とは、
「『超』入門 学問のすすめ」に出てくる言葉だ。

「超」入門 学問のすすめ

福沢諭吉「学問のすすめ」第4編より
「政府が命じる力を持っていても、社会を諭して手本を見せるのはまさに民間が行うべきことであり、世の中を改革をめざすならば、命令するより諭す、諭すより良い手本を見せるほうが効果的である。我々は人に先立ってまず良い手本を示す使命を持っているのだ」

さらに福沢諭吉は、「百回の説明をするより、一回の事例を示すほうが効果的だ」と述べている。

いま明治維新と似たような時代の激動期にあって、どのように社会変革をめざすのか、「学問のすすめ」に学ぶべきことが多いと思う。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村




タグ/

福沢諭吉登場!

朝ドラ「あさが来た」では、いよいよ主人公と福沢諭吉の出会いで
次のステージに移りそうで興味深い。

先日書いた、自分にとっての今年のベスト本
それが「超入門 学問のすすめ」だった。

「超」入門 学問のすすめ

印象に残ったのは
「学問のすすめ」が単に自己啓発的な目的ではなく、
社会変革を起こそうとして戦略的に書かれた本だったというところだ。

「学問のすすめ」は幕末から明治維新にかけて、新しい日本の建設を強力に後押ししたのだ。

社会変革(ソーシャルイノベーション)に必要な数は過半数ではない。
5%である。
残り95%の人が望むものが、5%の中にあると気づけば自動的に拡散する。


これは衝撃的な話だ。

救国救世、社会変革をしようとするならば、欠かせない視点だと思う。
そうでないと、あいまいな戦略、脳内お花畑的な議論と活動に終わってしまう。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村







タグ/

人をダメにする◯◯

楽天でこんなものを見つけた。

人をダメにするベッド。



あまりに便利すぎて、快適すぎて、ナマケモノになってしまう
というところから付けたネーミングだ。

このセンス、お見事!!

楽天でランキング一位になるほど人気らしい。

こんなのもある。

人をダメにするソファ




それからこんなのも!



「人を神にする」って・・・・(笑)
意味不明だ。

それにしても、
「人をダメにする習慣」とか、
「人をダメにする○○」というのを考えるのもおもしろい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村



タグ/

真我と小我 広岡浅子の言葉

NHK朝のドラマ「あさが来た」のモデル
広岡浅子が語った言葉がすごい。

「第一に、成功の秘訣は、その人に活力があるかどうか、その有無にかかっている。
強い活力を持っていれば、それが仕事に反映し、生き方にも表れてくる。
成功者は例外なく人に倍する活力を有している。」

新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯

「次に、真我と小我といったものについて触れてみたい。

人はともすれば自分の小さな考えに固執し、大局を忘れがちである。
これが小我を基準とした生き方である。

しかし人間の個々の小さな我を超えた、もっと大きな普遍的真理とでもいうべきものがある。
これが真我である。


小我にとらわれず、
真我に基準を置いていった時、その人の生き方には行きづまりがなくなる。





この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

「あさが来た」に見るキリスト教精神

NHKの朝ドラマ「あさが来た」で、今日は
問題児のサトシ(松造)の改心の場面だった。

あらすじは、このサイトで見ることができる。

ネタバレ注意 朝ドラPlus

長年の怨みに凝り固まった心を解かすのは
簡単なことではない。

まさに真実の愛と許しでしか不可能である。
(人間からそんな愛は期待できまい。神とキリストから来るものだ。)

新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯

ドラマの主人公のモデルとなった広岡浅子は
のちに洗礼を受けキリスト教徒となる。

今日のドラマの成り行きを見て、
このドラマにはキリスト教の精神が流れているなと思った。





この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村



タグ/

「あさが来た」出産シーンを見て

毎朝「あさが来た」のドラマが楽しみなこの頃だ。

見てる人はみんな「面白い」と言ってるので
自分みたいな人も少なくないだろう。



今日は待望の第一子が生まれるシーンだったが、実に感動的に演出されていた。

結婚10年目にして生まれた子なので
喜びもひとしおだ。

舅、姑の喜びよう、心配り、
夫が妻にかける言葉、
子供との対面、
一つ一つが暖かく描かれている。

そうだ。一つの命が生まれてくるというのは
どれほどの奇跡か。

今日本にも、欧米から同性婚容認の波が
押し寄せてきているが、
下手な講演や運動よりも
こんなドラマを通して
出産の喜び、感動、家庭の素晴らしさを確認することが
何よりの啓蒙になるのかもしれない。

同性婚には、出産の喜びも感動もない。
それは人間に与えられた貴重な体験を自ら放棄する
何とさびしくかわいそうな人生だろうか?
そんなことを考えた。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村


タグ/

日本改心講演会

先日紹介した「日本改心講演会」

いよいよ今週末である。

5名が講演されるタイムスケジュールは

14:00~14:50 【外国からプロパガンダでやられ続ける日本人】 KAZUYAさん
15:00~15:50 【報道されない沖縄の真実と中国の狙い】我那覇真子さん
16:00~16:50 【奪われた日本の歴史からわかる真実】小名木善行さん

17:10~18:10 【未だに消えないGHQの洗脳の呪縛】ケントギルバートさん
18:10~19:00 【騙されないために知って欲しい政治の現実】神谷宗幣

講演者一人一人が魅力的である。

世界から見た日本、
歴史から見た現代、
マスコミでは報道されない真実。

保守の論客は、えてして反中国、嫌韓の
民族主義的になりがちではあるが・・・。

生の声を聞き、自分自身で考えることが大切だと思う。

「日本改心講演会」




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






タグ/

2015年自分にとってのベスト本は?

先日は、トーハンや日販の年間ベストセラーについて思うことを書いた。

年間ベストセラーを見ると、たしかに時代を反映している。
2015年はこんな年だったんだとわかる。

ただ、その本がベストセラーだったからといって、本当に良書であるかは別である。

本には、人生を変えるような力がある。
良書との出会いによって、自分では思いもつかないような発想を学べ、経験もできないようなことを追体験できる。
苦労して苦労して辿り着いたであろう一つの答えを、1500円ほどの投資で学ぶことができる。

「読んだら忘れない読書術では、そんな本を「ホームラン本」と表現されていた。

ホームラン本には、なかなか巡り合えないものだ。

何万部売れたかとか、その著者が何千冊出したかとか関係ない。
本当にページをめくるごとにワクワクし、感銘を受ける本、
そんな本に今年は出会えただろうか?

個人的には、今年読んだ本のなかで、
この本はまた何度も読み返したいと思った本が2冊ある。

今年出版された本ではなく、1~2年前に出された本のようだ。

2015年、自分にとってのベスト本はこれだ。

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話


「超」入門 学問のすすめ

「超」入門 学問のすすめ

どんな本かは、上の画像をクリックするとAmazonにリンクするので、そのレビューを見られたらよくわかると思う。
自分の感想はまた別の機会に。






この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村








タグ/

【緊急案内】日本改心講演会

youtubeで大人気
KAZUYAチャンネルのカズヤさん、

タレントのケント・ギルバートさん、

沖縄の真実を訴えている我那覇真子さん、

この方々の講演会が開催される。

ネットでたびたび目にするこのお方たちは、
鋭い論評で、左翼マスコミをぶった切っている面々だ。

直に講演を聞ける機会は、そうないと思う。

講演会のタイトルは「日本改心講演会」

詳しくはこちら


参考までに
最近読んでなるほどなあ~と思ったケント・ギルバートさんの記事
  ↓ ↓
【反撃せよ!ニッポン】GHQの露骨で幼稚な嫌がらせ 馬鹿げた憲法論議を早く終わらせよ

スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説した我那覇真子さんのニュース
   ↓ ↓
「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」 国連人権理で辺野古賛成派が反論

YoutubeのKAZUYAチャンネルはこちら






この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村






 







タグ/

年間ベストセラーに思う

ベストセラーランキングを見て思ったこと。

日販年間ベストセラー

トーハン 年間ベストセラー

sWS000008.jpg


書店で平積みされてるのを見て
今この本が売れてるんだな~と
感じていたタイトルがほとんどだ。

しかし中には、書店で見たこともない
見たとしても1冊あるかないかのタイトルも
ベストセラーランキングに並んでいるから不思議だ。

組織を使って作り上げた実績なんだろう。

それにしても・・・
世間に対して見せかけの実績を作って、何の意味があるんだろう?

それで、世間に対しての影響力を保てると考えるのだろうか?

ネット上でよく見る光景。
札束を持ったり、
高級外車と並んだ写真を見せて、
「私はこんなに儲けましたよ。あなたもこのノウハウを学んでお金持ちになりましょう」というあれ。

あのお金や車はだいたい借り物だという。
実績を誇示する通帳のコピーも偽物。

あれと変わらない精神性だと思う。

その精神構造は、いわゆる「詐欺」と変わらない。

偽りの影響力であり、
「正道」ならぬ「覇道」でしかない。

そのような商売が長続きするはずもない。


まあ、新規事業立ち上げの時に
いわゆるサクラを使って
盛り上がりを演出することはあるだろう。

それも営業努力の一つである。

でも、何十年も経つのにそれをやってるとすれば(やらざるをえないとすれば)
それは中身が本物ではない、偽物だということだ。

もしくは実力不足。


ランキングから外れるのは
プライドが許さないということか?

それは一言でいって
「つまらない執着」に他ならない。

もっともっと大きなものを
目指しているはずなのだから。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村












タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (142)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR