2015年06月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

野菜工場で有名な「みらい」が民事再生法申請

野菜工場で有名な「みらい」が民事再生法申請 販売不振で資金ショート(産経新聞) - Yahoo!ニュースより

この会社面白いと思っていたんだが、
潰れたんだ。残念。

発想は良くても、経営できるかはまた別問題だな。

以下、産経新聞の記事

 野菜生産ベンチャーの「みらい」(東京都中央区)が29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請、経営破綻した。信用調査会社の帝国データバンクによると、負債は約10億9200万円。

 2004年9月の設立。創業者で代表取締役の嶋村茂治氏が工場での植物栽培を企業化。いわゆる「野菜工場」の確立と、野菜の生産・販売を進めた。

 「ガイアの夜明け」などのテレビ番組のほか、新聞、雑誌などで広く取り上げられた。今年3月期は売上高10億円をあげた。しかし昨年建設した2工場の費用がかさんだうえ、野菜生産が不調となり、今月、資金ショート。収支も赤字となった。

 担当弁護士によると、7月1日に債権者集会を行うほかは具体的な活動は決まっていないが、スポンサー企業探しを進めていく。




そういえば、水澤有一さんの瞑想曲「MIRAI」は好きだった。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




タグ/

盗作は学生なら落第、著者なら業界から抹殺

やや日カルト新聞に
大川隆法総裁の長女が大学卒論で盗用=お茶の水女子大が指導教授を処分
という記事がある。

そこでこんなコメントを見つけた。


匿名2015年6月19日 17:50

引用元をつけるのを忘れただけだろ。


ああ、これが典型的な幸福の科学の考え方なんだと思った。



前に書いたように、私はAmazonで新品の本「神国日本の精神」を注文した。
実のところは、盗作の烙印を押された論文を継続して出版することはあるまい、
もはや絶版だろう、本は届かないのでは・・・と予想しながらだった。

その予想に反して、「神国日本の精神」は10日後に届いた。
6月5日付で第4冊として版を重ねている。
(お茶の水女子大が、指導教授の厳重処分を発表したのは6月3日)

論文の最後に4ページに渡り、(注)として、
「どの著作の何ページから」と37箇所の引用元が記録されている。

「まさか、これでよしと思ってるんじゃないでしょうね?」と疑問だったのだが、


匿名2015年6月19日 17:50

引用元をつけるのを忘れただけだろ。



このコメントを見て、「やっぱりうそうか」と合点がいってしまった。
幸福の科学出版の認識も同様だろう。

「新版では末尾にちゃんと引用元を全部載せましたよ。これで問題ありませんね」と。

だから盗作認定された後も、堂々と出版が続けられるのだ。

でもそれは、あまりにも世間の常識とかけ離れた認識だ。
話が全然噛み合わないわけだ。

決して「引用元をつけるのを忘れただけ」の問題ではない!


わかりやすく、神田昌典さんの「魔法の文章講座」テキストのなかから引用させていただく。


「著者になる際に気をつけること」
・参考文献の重要性
 アメリカでは、他の本の内容を引用していながらも、参考文献として取り上げないことは、盗作として扱われ、それだけで学生なら落第著者ならば業界から抹殺される。知的職業に従事するなら、自分の考えなど、先人の肩に乗っていることを自覚のうえ、敬意を払うのは最低限の礼儀です。



幸福の科学出版の関係者には、
100回くらい上の文章を読み返してほしい。
とは言っても、こんなブログ読まないだろうが。



※「統一教会のやることだって、どれだけ世間の常識からはずれてるんだ」という話は、ここでは無しね。
よくよく自覚しておりますので・・・。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

トモダチ作戦発案者エルドリッジ氏沖縄についてのインタビュー

Youtubeで見つけた動画。
沖縄問題の本質がよくわかる。

エルドリッジ氏、日本語上手だな〜。
幸福実現党もいい仕事をするじゃないか!?



釈党首が最後に、ちょろっと宣伝をするのが玉にキズだね。

現段階では、黒子に回って
黙々と実績を積み重ねるのが得策なのではないかな?
中途半端に自分を出すよりも。

見る人は見ているから。


それが我慢できないところが、いかにも幸福実現党なのかもしれない。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


タグ/

「神国日本の精神」在庫あり!?

無断引用(盗用)として問題になった卒業論文が入っている書籍
「神国日本の精神―真の宗教立国をめざして」が、
「在庫あり」になっている。



じつは私も一冊Amazonで注文していたのだ。
我ながら物好きだなあと思いつつ・・・。

Amazonより、昨日には
「ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりましたのでお知らせいたします。」
とのメールがあり、
今日は
「ご注文いただいた商品を本日、Amazon.co.jp が発送し、ご注文の処理が完了しましたので、お知らせいたします。」
とのメールが来た。

幸福の科学出版のサイトでも
注文できるようになっている。

sayaka.jpg

注文はしたものの、これはもう絶版だろうなと思っていたので
まだ堂々と出版が続けられるとは予想外だ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

「神国日本の精神」入手困難な状態に

大川咲也加、現 幸福の科学常務理事(兼)総裁室長が
お茶の水女子大の卒業論文で書いた「明治憲法の制定と信教の自由」。

書籍化されているのでAmazonで見てみたら・・・、
「超」プレミアムがついていた。


WS000001.jpg




サイト上には1296円の新品本もあるが、
「通常10~14日以内に発送します。」となっていて
「配送センターに在庫がなく、仕入先から商品を取り寄せる」状態である。
幸福の科学出版では「在庫切れ」となっているので
もはや取り寄せは不可能だろう。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

論文の無断引用は致命的「明治憲法の制定と信教の自由」

時事通信の記事より

お茶の水女子大の卒論で盗用=3分の2無断引用、出版も

 お茶の水女子大は3日、2013年3月に文教育学部を卒業した学生1人の卒業論文で、内容の3分の2が盗用だったとして、指導教授を厳重注意処分にしたと発表した。論文は同月発行の書籍に掲載され、市販されているという。
 今年1月に書籍を読んだ人から指摘があり、大学が調査委員会を設置。論文は明治憲法の制定と信教の自由に関するテーマだが、文章の3分の2が4人の研究者の論文や著書と酷似しており、調査委は無断引用してつぎ合わせたと判断した。指導教授は盗用に気付かず、最高評価を与えていた。
 この学生は大学側の事情聴取に応じておらず、規定がないため処分も行わないという。
 高崎みどり副学長の話 研究倫理に反した遺憾な行為で、再発防止に全力で取り組む。
(2015/06/03-18:43)


「規定がないため処分も行われない」とは言うものの、
学問の世界では、引用の記述なしに自分の論文として発表したらアウト、
その世界から退場、レッドカードものだ。

それで、論文の主を聞いてびっくり。

幸福の科学 大川隆法総裁の長女なのだから。




目次
第一部 講話「神国日本の精神」
第二部 大学卒業論文「明治憲法の制定と信教の自由」

大川咲也加 常務理事(兼)総裁室長


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

日本に歴史正視を求めている中国は、いつになったら天安門事件を正視するのですか?

Yahoo!ニュースで見つけた記事

「日本に歴史正視を求めている中国は、いつになったら天安門事件を正視するのですか?」=スペインの記者が質問―英メディア

2015年6月4日、英BBC中国語版によると、3日に行われた中国外交部の定例記者会見で、スペインの記者から天安門事件に関する質問が飛んだ。

1989年に起きた天安門事件から4日で26周年となる。3日の記者会見で、スペインの記者が「中国は日本に歴史を正視するよう求めているが、中国はいつになったら天安門事件の歴史を正視できるのか」と質問。これに対して、中国の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「なぜそういうロジックになるのか。2つの事件の性質は完全に異なる」と反論した。

さらに、「80年代末に起きた政治の波について、中国の党と政府はすでにはっきりとした結論を下している。中国の30年余りにわたる改革開放の経験と成功は、中国が選択し進んできた道が正しかったことを示している。中国の全国民の心からの支持も得ている」とした。

華報道官は続いて話題を日本の戦争に移し、記者たちに中国各界と交流し、より正確に中国の当時の戦争に対する印象を理解するよう求めた。また、日本が十分に歴史を正視することが、日中関係にとって重要な意味を持つと強調した。(翻訳・編集/北田)



中国のプロパガンダに負けない見識を身につけなければ。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

人の良いところだけ見れたらいいのだが

人の良いところだけ見ることができたらいいのだが、
えてして、人のよいところよりも、悪いところばかりに目が行ってしまう。

だから、夫婦の間でもぎくしゃくしたり、
人間関係がままならない。

これは国と国の関係にしても同様だ。

もともと、歴史も文化も気候も
全然違う国どうし。

簡単にわかりあえるはずがない。

それが現実。

その現実をよくよくわかったうえで、
いかに相手のなかに、良いところを見つけて
そこに目を向けるか。

その努力が大切だと思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (127)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR