2014年12月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

下村博文文科相インタビュー 大学入試の抜本的改革を

下村博文文部科学大臣のインタビュー記事が
世界日報のダイジェスト版 ビューポイント12月号に
掲載されていた。

世界日報とは、おなじみ
統一教会系の日刊紙である。

vp201412.jpg

記事内容の1部はWebで読むことができる。
「立ち読みする」をクリックして、2014年12月号を見る)

WS000012.jpg

下村文科相は、100年に一度くらいの大改革になるだろうと
意欲的である。

また、積極的に海外へ出て、肌身で日本の役割、
日本への期待を実感しておられる。

「教育は百年の計」である。
大きな視野と見識をもった下村文部科学大臣、
安倍首相とともにしっかりがんばっていただきたい。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

幸福の科学大学、こうすれば認可されていたのでは?

宗教、人種の壁を超えた大学の姿が
ここにあった。

映像の20分45秒あたりから 2分間だけ見てほしい。



一つの宗教に偏らず、
超宗教を教えようという意図から
各宗教の教授陣を集めた神学大学院。

特定の宗教を掲げることはせず、
イスラーム、ヒンズー教、仏教、キリスト教など
様々な宗教をもつ学生が5000人集う大学。

こんな大学をすでに30年も前から
運営しているのだ。

私は米国のその大学には行ったことがなく
この映像を通して知った。

韓国の鮮文大学には何度か行ったが
たしかに同じような雰囲気だった。

教会の信者は一部だけで
あとは世界中のあらゆる国から
留学生が来ていた。

そして宗教や人種、国境の枠を超えて
活躍できる人材を育てていくのだ。


幸福の科学大学は文科省から認可されず
しかたなくHSUという私塾のかたちで始めるようだ。
きっと目指すところの理想はそう変わらないのだと思う。
こんな先例があるのだから
参考にしていれば認可されたかもしれないのに・・・。


幸福の科学は新しい宗教である。
一歩二歩先に、他の団体が
色んな失敗をし、また成功もしながら
活動している。

そこから学べることも少なくないだろう。




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


タグ/

LGBTにどう対応する?

「LGBT」という言葉をご存知だろうか?

LGBTとは、
女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、
男性同性愛者(ゲイ、Gay)、
両性愛者(バイセクシュアル、Bisexuality)、
性転換者・異性装同性愛者など(トランスジェンダー、Transgender)
それぞれの頭文字をつなげた言葉で
それらの人々をまとめて呼称する言葉である。

LGBT.jpg
(虹色がLGBTのシンボル)

人口の約5%は相当する(?)という報道を見た。
少数派として無視できない状況であり、
差別や偏見などの人権問題とからんでくる。

ただひとつ思うのは
LGBTは、神の設計図にはないもので、
決して神の喜ぶ姿ではないのでは?
ということだ。

「神は自らに似せて人を造られ、男と女とに作られた」のは
男と女が結婚し、家庭を築き
幸福になることを願われたのである。

人種や宗教などの多様性を認めることは大変重要なことだ。
しかし、善悪の価値ははっきり区別しなければならない。

道徳教育に対して
「一つの価値観を押し付けるな」と主張する
日教組が間違っているのと同じである。


LGBTを多様化として認めることは誤りである。
それは間違いなく結婚制度や家庭の崩壊につながり
ひいては国の弱体化につながるものだ。

LGBTの人権を主張する人たちの背後に
ジェンダーフリー、文化共産主義革命を目指す影が
はっきりと見えている。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

MBCドキュメンタリー第4弾 彼が米国に残したものとは?

文鮮明師は52才で渡米され、米国へ後半生を捧げられた。
米国は「現代のローマ」であると言われ、
「アメリカよ、神に帰れ!」と
建国精神に戻ることを訴え続けられた。

このたび、米国での文師の歩みを綴ったドキュメンタリー番組が
日本語に訳され公開された。

文師への大きな誤解をとく助けになるのではないかと、
このような動画の公開はうれしい限りである。


以下、Youtubeの案内文より

2014年11月25日、韓国のケーブルテレビMBC NETが、ドキュメンタリー「アメリカ、平和の道を行く」を放送しました。
今回で4回目となる番組では、アメリカ大陸における文鮮明師の様々な平和事業が紹介さ­れています。

30万人を集めたワシントン大会(1976年)をはじめ、「ワシントンタイムズ」の創­刊(82年)や
文師が脱税の嫌疑で起訴され、ダンベリー連邦刑務所に収監された(84年)際の真相な­どが明らかにされています。
このたび、MBCの許可を得て、日本語吹替え版をアップしました。







この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

文鮮明師はいま地獄に?

教会のある大先輩が、集会でびっくりことをおっしゃっていた。

「皆さん、文鮮明先生は亡くなられてから2年なりますが
霊界でどこにいらっしゃると思いますか?

私は地獄だと思います。」

一同「えーっ?どうして?」

先輩「文先生の人柄を考えてください。
自分ひとりで天国に行って、
安楽な生活を楽しまれる方ですか?

地獄にいる人を何とか助けてあげたいと思って
自ら地獄に赴かれるのが文先生ではないですか?

生きていらっしゃる時もそうだったし、
いまもそのはずです。」

それを聞いてみな納得。

生涯を3時間の睡眠で通され、
全力投球で生き抜かれたことを皆よく知っている。

子どもが幸せに暮らしていなければ
親の心は休まるはずがない。

全人類に対して我が子のような心を持たれ、
一時も休まることのない生活をされた。

でも、その心はいつも幸せだったと
自叙伝には書かれている。

無実の罪で入った牢獄では
囚人皆が友達だったと語られた。

「地獄を天国に変える」
それがまさに文先生の生き方だったと思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

クリスマスの時期イエス・キリストに思いをはせる

2000年たった今も、
全世界の人々から誕生を祝われるイエスキリスト。
彼の何が、そこまで人を感化するのか?
そんなことに思いをはせた。

4大聖人といえば、
イエス・キリスト、釈迦、マホメット、孔子である。
それぞれに、世界各地に壮大な文明圏を築いてきたし
歴史を導いてきた。
しかし、人類歴史上でイエス・キリストほどに
その誕生を祝われる人物はいない。

もちろん、商業化したクリスマス行事を
否定的に見る人もいると思う。

サンタクロース、クリスマスツリー、
イルミネーション、パーティ、
ケーキ、プレゼント交換・・・
これらがイエス・キリストとなんの関わりがあるのか、
そもそもクリスマスがイエスの誕生を祝うことだと知って
祝っているのか?
ただ年末の風物詩として
楽しく過ごしたいだけではないかと
気になる人もいるだろう。


たとえそうだとしても
人が冬のこの時期、
クリスマス・ソングを耳にしながら
少しでも優しい気持ちになり
神聖な気持ちになれるとしたら
素晴らしいことである。

イエス・キリストは
神の子としての人間の姿を
見える形で表してくださった方である。

生命を越えた愛というものを
身をもって示してくださった方。

「友のために自らの生命をさしだす
それ以上大いなる愛はない」と説かれ
「汝の敵を愛せ」と説かれ
その言葉通りに生涯を生き抜いた方。

その完全な言行一致の姿に
天の父なる神と完全に心情一体となられた
本当の人間の姿をみる。

人間というのは
こんなに素晴らしい存在なんだ。
人間も捨てたものではない。
信じるにたる存在なんだ。

それを教えて下さった方である。

33年という短い生涯ではあったけれども、
2000年の歴史を照らしてきた。
一人の存在が全世界に
これだけの影響を与えることができるということを
示してくださった。

まさに「救世主」
「主は来ませり~♪」である。

語るだけでなく、身を持って愛を示した方、
少しでもその方に近づいていきたいものだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




タグ/

日本は神様から祝福された国

「日本は神様から祝福された国です。
21世紀は環太平洋文明圏時代、
基軸となるのは
民主主義の価値観を同じくする
日本、韓国、米国の3カ国です。
日本は世界をリードする使命があります。」

統一教会の総会長が、最近、全国を巡回しながら語られている言葉だ。

日本の少子高齢化問題、
防衛問題、教育問題、財政問題、
内外の難問題を抱え、
誰が政治をやっても難しいと思えるこれからの時代、
長期安定政権として
安倍内閣にしっかりがんばってもらいたい。

幸福の科学の大川隆法総裁は
「日本はここ数年の間に厳しい危機を迎えることになる。
『この道しかない』と言っている方が
その言葉を撤回しなければならない状況がくる」と
語ったそうだ。
たしかにそれもあるだろう。

ここ数年のうちに
心配されているところの大震災が
起こるかもしれない。

リーマン・ショックのような経済危機が
来るかもしれない。

北朝鮮が崩壊するかもしれないし、
中国の脅威もある。

何が起こるかわからない時代であり、
何が起こってもおかしくない時代である。

不幸の予言をするのは簡単である。
しかし、それをどう克服するか、
どのように考え、どのように行動していくか?

天罰を与え、苦しみを与えようとする神ではない。
親として、人間の幸福と平和を願い
何とか解決の道を示し、
導いていこうとされる神である。

日本は神様から祝福された国だ
世界をリードすべき国だという誇りを持って
力強く生きていきたいものだ。


20120606160108.jpg
この写真は、3・11直後、台湾のメーカーが
コンピューター部品に刻んだ「God bless Japan(日本に神の祝福あれ)」の文字。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

SAPIO特集 日本の宗教「政治とカネ」

書店で雑誌の特集記事が目に付いた。
SAPIO 日本の宗教「政治とカネ」・・・

創価学会、幸福の科学に
大きくスポットが当てられていた。

幸福の科学は、
「右でもない、左でもない。
しいて言えば真上です。」

里村さん、名言ですな。

それから、書店員の座談会で、
宗教関係の出版社の舞台裏が率直に語られているのも面白い。





【INVESTIGATIVE REPORT】〈創価学会、立正佼成会、幸福の科学……あなたの知らない宗教パワーの実像〉日本の宗教「政治とカネ」
・緊急アンケート 総選挙と巨大教団 10大新宗教の「政治見解」を問う
・変貌 「ポスト池田大作」なき創価学会は非日常を失い急速に“葬式仏教化”している/島田裕巳
・平和主義 創価学会と公明党が安倍政権にかけた厳重な「縛り」とは?/佐藤優
・タレント信者 山本リンダ、岸本加世子、久本雅美が大幹部 創価学会芸術部の存在意義とは何が/本誌編集部
・活動検証 幸福の科学に「ネトウヨ」との“近すぎる距離”を質す/安田浩一
・新潮流 ギャグ爆発の宗教家 ワールドメイト深見東州とは何者か/本誌編集部
・教団運営 清原、桑田を生んだ名門野球部は廃部寸前!? PL教団に何が起こっているのか/柳川悠二
・データ図解 ニッポンの新宗教最新勢力図
・お金の話 知ってはいけない「おみくじ」「お守り」「お墓」の原価をこっそり教えます/本誌編集部
・死と悲しみ お坊さんが葬式で使っている法話の「アンチョコ本」の中味/本誌編集部
・舞台裏 書店員だけが知っている宗教本ベストセラーの秘密/本誌編集部
・伝統仏教 日本の仏教は人々に「救い」をもたらすことができるのか/橋爪大三郎




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

Yahoo!ニュースに幸福の科学大学

Yahoo!ニュースに幸福の科学大学関連の記事があった。

20141218.jpg


幸福の科学、不認可大学を私塾として来春開校 「霊言は根底にすえず」
「大学」名乗れず、助成金もなし…と。

元記事はこちら




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


タグ/

神は死んだのか?

この12月に日本でも公開される映画
「神は死んだのか?」
原題は「GOD's not dead」

さすがアメリカ、よくぞこんな映画を作ってくれた。
劇場で観るのが楽しみだ。

予告編


シネマトゥデイの特別映像





この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

下村文科相への怨みは消えず?「教育界の浄化を目指す市民の会」

幸福の科学大学は不認可となり
HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)
「現代の松下村塾」(私塾)として開校することになった。

これで、幸福の科学大学の開学を希望し
学問の自由を叫んでいた高校生たちも
思う存分に学問・研究が出来る場所ができて
めでたしめでたしというところだが、

下村博文文部科学大臣への怨み、復讐劇は
まだ終わっていないようだ。

下村めいという名前の候補者を、
同じ選挙区に出したものの惨敗。

安倍晋三首相、父である亡き安倍晋太郎の
霊言を出すも不発。

ちなみにこの霊言が本当のことを言っているのか
嘘を言っているのかは
選挙後にわかるそうだ。
(リバティ記事参考)

(霊が嘘をつくこともあるなんて、
霊言の信ぴょう性がますますなくなるじゃないか?

それでどうやら、霊が語ったことは嘘だったらしい。)


安倍首相は選挙後、
全閣僚をそのまま続投と表明した。

何が何でも、下村文科相を大臣の座から引きずり下ろして復讐したい、
幸福の科学から、その最後の一手が出されている。

「教育界の浄化を目指す市民の会」なるものが立ち上げられ
東京地検に告発状を送付したのだ。

「教育界の浄化を目指す市民の会」のブログはこちら

資料として、共産党の機関紙「赤旗」と
朝日新聞の記事を用いているところが笑える。

目的のためなら敵をも味方に?

本当は、教育界の浄化なんかどうでもよくて
下村文科相個人へ復讐したいだけなのが
見え見えである。

一体何をやってんの?と思ってしまう。


「大の大人がやることか?」
というのが
幸福の科学大学に関してこの1年間、
一連の流れをみた印象だ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

幸福実現党躍進!?

衆議院選挙が終わった。

これで安倍首相は安定政権を維持することになり
良かったと思う。

この20年、首相がほぼ1年ごとに交代するという
異常事態だったから。

2020年の節目に向かい、
国内、国外課題は山積されているので
安倍内閣に引き続きしっかり対応していってもらいたいものだ。


ところで、幸福実現党は
大方の予想通り、今回も議席0だ。
しかし、得票数は20万票から26万票に、
「大躍進」しているではないか。

釈党首をはじめ候補者たち・・・というより
信者さんたちの涙ぐましい努力が、
こういう目に見えるカタチになっているのではないだろうか。


大川総裁は、自分の口で言えないのなら
誰かの霊言でもいいから
本当に純粋でけなげな信者さんたちの心を
しっかりいたわってほしい。
苦労をねぎらってほしい。

間違っても
「総裁は立派なのに、幹部や信者の信仰がない」とは
言わないでほしい。


そもそも、大学不認可、衆議院選挙全員落選と、
一つ一つの動向をみると、
結局は行き当たりばったりでトップには何の戦略もない
ということがわかっただけだ。

選挙区には一人も出さず、全員比例区とか、
下村文科相に嫌がらせの候補を出したり、
幸福の科学は一体何をやりたいのか、
よくわからない。

何をどこまでどう持って行こうとしているのか。




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





タグ/

祝!HSU開校(幸福の科学大学に代わって)

WS141213.jpg


(上記画像 幸福の科学公式サイトより)

幸福の科学大学に代わり
HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)が開校するそうだ。

心からお祝いする。

これで縛りなく、思い切り宗教理念に基づいた教育ができるだろう。

不認可の時点で、さっさとこうしておけばよかったのにね。
変に、文部科学大臣を罵って嫌がらせなどせずとも・・・。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




タグ/

幸福の科学1200万人・・・?で考えたこと

サンポールさんのブログに、幸福の科学の会員数のことが書かれていた。

幸福の科学の信者数、日本で1100万人というのは
経典である「正心法語」の出版数らしい。

私も幸福の科学の支部におじゃました時
いただいたので、我が家にも2冊あった(過去形)。
そういえば、もう一冊は友人からもらった。

私個人も信者2人分としてカウントされているわけだ(笑)


そういえば、統一教会では、
2009年に発刊された文鮮明師の自叙伝の
普及運動をしている。

教会員は、書店ではなく教会で購入しているので
書店のランキング等には関係しないと思うが
もう600万冊が刷られたと聞く。

しかしさすがに、
それをもって信者数600万人とは言えないな・・・と
そんなことを考えた。


文鮮明師の自叙伝。
街角に信者が立って、無料で配布しているのを
手渡された方も少なくないだろう。

ただ手渡されても、
そのままゴミ箱へポイというケースも少なくないと思われるし
不特定多数に配るより、
縁のある人に
「どこのどのあたりに書いてあることが、
きっとあなたの参考になると思うから」とか
ちゃんと説明して渡してこそ
読んでもらえるものだと思う。

だからどのように普及させるかという方法については
いろいろ問題もある。

ただ、文鮮明師に対しては
あまりに誤解と偏見の目で見られていることが多いので、
一人でも多くの人に自叙伝を読んでいただき
本当のところを知ってほしいというのが、正直な気持ちである。


 (この写真では「300万部」となっている)

この本は、韓国で最大手の出版社「金寧社」で
編集され出版されたものだ。

熱心な仏教徒である社長は米国留学時代、
文鮮明師の米国での活躍に驚き、
そして韓国でのあまりの評価の低さに
「この方の本は必ず出版しなければ」と決心したという。

一般的に、故人の場合、
死後に美化されるということが多いが、
文鮮明師の自叙伝は
生前に出版されたものである。
また、自叙伝中に出てくる人物も
いまなお健在で活躍している人が多い。
だから、嘘や誇張は書かれていない。




統一教会は、かなりストイックな集団である。

独身中は必ず純潔を守る。
結婚後も、浮気・不倫は絶対ダメ。
タバコも吸わない。酒も飲まない。

信者になるのはかなり狭き門である。

そして日本では、世界中の運動体を支えるために
頻繁に献金要請が来る。

だから簡単にそう信者が増えるはずもないし、
いったん信者になっても、
信者であり続けるのが極めて難しい団体だ。

まして世間の評判は悪いし・・・。

だからそう簡単に信者が増えることはないだろう。
見せかけの数を増やしても何にもならない。

でもまあ、少しづつでも
文鮮明師への誤解と偏見が解かれていけばよいと思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

「軍師官兵衛」に見る戦略の大切さ


もうすぐ終わる今年のNHK大河ドラマ
「軍師官兵衛」、
毎回楽しく見せてもらった。

NHK大河ドラマ/軍師官兵衛/ポストカード/4人柄/非売品

印象深いのは、
戦略の大切さである。

同じ兵力、同じ兵糧、財力であっても
トップの打ち出す戦略によって
結果はまったく異なる。

部下がいくら優秀で、
兵の数がどんなに多くても
無能な師の元では
烏合の衆にしかならない。

ドラマであり相当主人公を美化されているところもあるだろうが、
その動機において
むやみに戦をしない
できる限り降伏を促し、和睦しようとする姿勢はりっぱだと思った。

「命には使い道がある」というのは
名言である。
まさに人を生かしている。

3人の最側近との結束、
黒田の24勇士
一体化が素晴らしい。


学ぶところの多い
黒田官兵衛の人生である。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


タグ/

物事は一朝一夕にできるものではない

物事が成就するには時間がかかる。

これは当たり前のようで
実に深い真理である。

ビッグバンから始まった宇宙に
人間が登場するまで、
約138億年の時間がかかっている。

神の天地創造が「光あれ」と始まり
6日間で人間創造まで終わったように
聖書に記録されているが、
それは文字通りの6日間という意味ではなく
6段階ということであり
実際の時間では138億年ということである。

神がいくら全知全能であったとしても
自らが定めた自然科学の法則を
無視することはできない。

映画「天地創造」で描かれていたように
土からムクムクと人間が創造されたわけではない。

下等動物から高等動物へと
だんだん進化させながら、
最後に人間の両親となる存在があって
そこから生まれた人間に
神は「命の息」を吹き入れられた。

この命の息が「霊人体」つまり「魂」である。

ゆえに人間のみが「万物の霊長」として
魂を持ち、神に対する感性を持つ。


何かにつけ「時間がかかる」という認識は重要である。
それを無視すると
変に「奇跡」を期待するようになる。

ありがちなのは、
素晴らしい説法を聞けば、いっぺんで皆が改心して
回向するようになるとか。

それは妄想でしかない。

人はそう簡単に変われない。

長い長い準備の期間があって
初めて物事は成就する。

信頼を築くには何年もかかる。
信頼を崩すのは一瞬だ。

時間がかかることを無視すると
いろんなところに無理が生じる。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




タグ/

世界日報 下村文科相との対談記事を読んだ

下村博文文部科学大臣が
世界日報の木下社長、
デザイナーのコシノ・ジュンコ氏とともに
今年の年頭に対談した記事を見つけた。

8001.jpg

東京オリンピック2020決定の裏話や、
日本文化の再発見で日本再生をしよう、
和の文化を世界に発信しようという話など、
興味深い。

当たり前のことだが、
怪しげな守護霊インタビューなんかより
本人の生の声のほうが
100倍ためになるし、真実がわかる。


皆さんよくご存知だと思うが、
世界日報は、統一教会系の日刊紙である。

幸福の科学も「リバティ」とかあるんだから
このくらいの関係は
築いておけばよかったのに。

今では最悪の関係になっちゃったね。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






タグ/

下村博文文科相のインタビュー記事を読んで

10月27日、下村博文文部科学大臣が、
ダイヤモンド社のインタビューに応えた記事が
ダイヤモンドオンラインに掲載されている。

下村博文 文部科学大臣インタビュー【前編】

10月27日といえば、
大学申請に対する結論が発表される直前である。

WS000007.jpg

これ以上、文部科学大臣に適した人材はそうそういないのではないか
と感じるほど、明確なビジョンと教育に対する「観」を持っておられる。

インタビュー記事の中で語られている内容は
共感するものばかりだ。

ぜひ継続して文部科学大臣をつとめていただき
長い期間にわたって日教組に毒されてきた日本の教育を
良くしていただきたいものだ。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ/

プライドが高い人は、味方も敵にしてしまう

自分のプライドを傷つけたくない人、
プライドが傷つくことを極端に恐れる人は
本来自分の味方であるを人でさえも、敵にしてしまう。

それはたとえば、
「妻」であったり
「側近」であったり、
自分の「支持者」であったり。

相手が望んでいることは何か
それはわかるんだけれども、
それに素直に従ったならば
自分が「敗け」のような気がしてしまうのだ。

その通りにするのはしゃくにさわる、
それで「負けたくない」という気持ちを抑えることができない。

自分の弱みを見せまい、
反発することでスキを作るまい
とするのだが
そうすることで、人の心は次第に離れ
結果として孤独な立場にたつようになってしまう。

最大の味方であり、理解者である妻でさえも
自分の敵になってしまうのだ。

本当は幸せになりたいという気持ちがあるのに
その逆になってしまう。

以前に「幸福になれない症候群」という書籍があったが
まさしくそのまんまである。



本当に幸福になりたければ
ちっぽけなプライドを捨てて
素直になれ!


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

下村めいの本名は?

最近このサイトへ、
「下村めい 本名」という検索ワードで
検索してくる人が増えた。

幸福の科学大学の申請が不認可になったことを逆恨みして、
下村博文文部科学大臣へ嫌がらせの幸福の科学(幸福実現党)。

とった手段は
下村文科相の選挙区である東京都第11区へ
おなじ「下村」姓の候補者を無所属で出馬させることだった。

無所属とは言っても
主張する政策が幸福実現党の主張そのまんまだから
幸福実現党なのは誰の目にも明らか。

なぜ無所属なのか、中途半端なことをするなあ。

この下村というのは、本名ではないようだ。
下村めいというのは偽名で、彼女は幸福の科学の職員らしい。

まあ、メディア等見ても
ほとんど話題になっていないようだし、
本気で議席を取ろうと思っているようにも見えない。

それで幸福の科学大学が認可されるわけでもないし。

信者さんたちのガス抜きか・・・。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




タグ/

見てて少し恥ずかしくなった写真

選挙戦たけなわだが、街角で見かけて
少し恥ずかしいなと思った写真。

sIMG_2989-2.jpg

「開学予定」と大々的に宣伝していたもんな~。

写真に写っているものとは別に、
選挙のポスターも横に貼ってあった。
大学のポスターは、早々に外したらよかろうに。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

霊言を証明するチャンスを逸した?

名優、高倉健さんが亡くなった。

報道されたのは亡くなった11月10日から
約1週間がすぎたあとだった。

ある信者さんのブログで
「どうせ霊言をするのなら
ニュースとして公になる前に霊言を発表すればよかったのに。
亡くなったことがわからなかったのかな?」
とうことが書かれていた。

なるほど、それができていたなら
少しでも霊言への信ぴょう性が増すと言えよう。

高倉健 男のケジメ

でも、それができたとしても
だから何?

救世主どころか、
そこらの拝み屋さん(霊能者)」と
何の違いがあるの?
という感じではあるが。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (127)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR