2013年11月 | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

アンビリーバボーで「死後の世界」の証明

先日のアンビリーバボーで
臨死体験の話があった。

世界的な脳神経外科の権威である
エベン・アレキサンダー博士の体験である。

1年ほど前、インターネット上で話題になっていたので
記憶している。

ニューズウィークの記事

こんな記事も

英語の動画


著書も日本語訳で出された。


「死後の世界」が常識になる日が近づいていると思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村








タグ/

「桜田淳子さん、幸せそうだね」と

桜田淳子さんが、デビュー40周年記念ファンイベントを開催した
というニュース記事を見た。

ファンの前でステージに立つのは1993年3月の
映画「お引越し」の舞台あいさつ以来、20年8カ月ぶりという。

ent13112707090000-p1.jpg

ニュース記事
 ↓ ↓
桜田淳子、一夜限りの復活「百恵にも、昌子にも会いたい」

統一教会の「広告塔」とさんざんバッシングされてから
もう20年にもなるのか・・・。

合同結婚式に出ることで、
歌手、女優などあらゆる芸能活動から干された感じの彼女だった。

ワイドショーを見た友人(統一教会信者ではない)は、
「桜田淳子さん、しあわせそうだね」と言っていた。

華やかな世界から身を引いた20年であったとしても、
自分の信仰・信念を貫き、
妻としての幸せ、母親としての幸せを選択した20年の歳月が、
いま、何かしら余裕を感じさせるのかもしれない。

桜田淳子さんの人生、
本当の幸福とは何かを考えさせられる
ひとつの生き方ではないかと思う。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


タグ/

フィリピン復興ボランティアTrue Love in action

統一教会では、全世界の教会員に向けてフィリピンへの支援が呼びかけられている。

phlippines.jpg



先日の記事で書いたように、韓鶴子総裁はフィリピンの惨状をみて
即座に100万ドル(1億円)の支援を決定された。

統一教会のフィリピン・ボランティアの様子が伝わってきた。

1402160_1020200968.jpg

改めて惨状に驚く。
1398087_10202009.jpg


わずかばかりの私たちの支援が、
フィリピンの人々の笑顔につながることを願う。
1401437_1020.jpg

統一教会でいう True love in action (真の愛の実践)というのは、
幸福の科学で言うところの「与える愛」という
どことなく上から目線に感じるニュアンスよりも、
むしろ「家族として苦楽を分かち合う」精神のように感じる。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

霊言は信用に値しないという裁判所の見解

種村氏のブログ「真実を語る」によれば
(霊言を)一般人は事実だと認めない。ゆえに社会的信用は低下しない」と
裁判所が判断したそうだ。

霊言を通して誹謗中傷され、名誉を傷つけられたと言っても
霊言そのものが、一般人は事実と認めるよなものではないので、
これは名誉毀損にならない

そんな内容のようだ。

種村氏のブログには「東スポの論理」という解説もされていて
興味深い。

この論理でいうと、
大川隆法氏が霊言でたとえ人を誹謗中傷しても、
罪を問われないということになる。

しかしこの裁判所の見解というのは、幸福の科学信者にしてみれば
喜んでいいものか、悲しむべきものなのか・・・、
というところではないだろか。



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/

フィリピンに100万ドル(1億円)の寄付

「韓鶴子家庭連合総裁、フィリピンに100万ドル寄付」
という新聞記事が、韓国の世界日報に出た。

韓総裁は、フィリピンの台風被害の深刻さを見て
即座に100万ドルを寄付することを決めたという。

韓国教会では、全教会員が1日に一食、朝食を断食し、
寄付をするそうだ。

昨日の日本教会の礼拝でも、フィリピンの惨状が伝えられ、募金の呼びかけがなされた。
死者は4000人を越し、92万人が避難生活をしているという。

神のもとの一家族世界、
One family under God


これが理想世界だ。

決して他人ではなく、神のもとに兄弟姉妹として
肉親と同じだという情を持つ。
まずは一人ひとりが、
人の痛みを自分の痛みとして感じる心を持つことから始まるのだと
改めて思った。



過去記事「超極秘扱いになった出来事とは?」を思い出した。

この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村















タグ/

心が乾いていないですか?満たされていますか?

ブログ村というブログのポータルサイトがあるのだが、
幸福の科学関連ブログのページで
当ブログの前回の記事
霊界に行きかけたら天使から突き返されたという牧師の話
が注目記事の1位になっていて驚いた。

1週間も前に投稿した記事なのに。

blogmura11.jpg

それに、ブログ村の統一教会のカテゴリーではなく
幸福の科学のカテゴリーで。

まあ、多くの方が関心を持ってくださるのはありがたいことだ。


もしかすると、
幸福の科学の信者さんも
より深い心の教えを求めているのではないか?

中国がどうとか、政治がどうとか、
ビジネスがどうとか、学者がどうとか、
◯◯の霊言とか、
そんなことでは、ほんとうの意味で、
心は乾いて満たされないのではないか?

もう一段高い、本当の幸福に導いてくれる教えを
切望しているのではないか?

そんなことを想像した。
別に信者さんに会って話したわけではないので
私の勝手な憶測だけども。


ちなみに、先回の記事で紹介した動画で
霊界に行きかけた米国の牧師は
「天国に入るためにはRev.Moonの教えを学んできなさい」
と言われて突き返され、息を吹き返したわけだが、
この意味はひとことで言うと、
「二人と書いて天の字。天国とは二人の国。
つまり神の愛を中心として完全に一つになった夫婦で行くところが天国だ」
という教えに尽きる。

最も愛するものと、永遠に共にいたい。
その幸福が天国だということだ。

そのような夫婦愛をつくるために
地上での肉体をもった生活がある。

「あなたは地上でそれをなして霊界に来たのか?」
それを天使は問うたのはではないだろうか。


そのためには
独身時には純潔を守り、
結婚後は浮気や不倫は絶対にダメ、
これが前提である。

そして祝福結婚を通して
お互いに永遠の約束をして新しい出発をするのだ。

永遠の夫婦愛が人間最高の幸福である、
という教えが真理であるならば、
これを抜きにした「幸福論」は
どこまで言っても不十分なんだろうなと思う。

幸福の科学でもかつては
家庭ユートピアを土台とした理想世界の建設
をうたっていた。
本当はここに幸福の原点があるのではないだろうか?



この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

霊界に行きかけたら天使から突き返されたという牧師の話

16分間心臓が停止して霊界に行きかけたら、天使から突き返されたという
米国のプロテスタントの牧師の話がYoutubeにあった。

彼はなぜ天使から突き返されたのか?

彼の証言を作り話と思うか、
それとも彼が真実を語っていると思うか、
それは自分の目と耳で判断しただきたい。



彼自身も、聴衆に対して最後に
「神様に祈ってみてください」と語っている。


※彼の話にでてくるRev.Moon(ムン牧師)というのは
文鮮明師のことだ。


この記事の続きは、次の
心が乾いていないですか?満たされていますか?」にて。


この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
タグ/

守護霊霊言を録られた花田WiLL編集長の本音

興味深い動画がYoutubeにアップされている。

この書籍の出版を受けてのものだ。
守護霊の霊言を収録された本人の本音が出ていて興味深い。



「WiLL」花田紀凱編集長が幸福の科学の霊言を「辞めなさい」と戒める【ニコ動】




この記事がよかったら1クリック!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ/
| HOME |

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (124)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR