ブログ | 家庭連合の信者が幸福を科学すると

孫子の兵法で動く中国 習近平が日本に媚びへつらってきた理由

前回紹介したYutubeの経済評論家、上念司さんの話は
他にもためになる話が満載だった。

忘れないように、メモの意味もこめて
書いておく。

中国は基本的に孫子の兵法なので
1)相手が自分より小さい時は、戦力も使わずに踏み潰す
   これ、今踏みつぶされそうなのが韓国。

2)相手が自分よりも2倍くらいの大きさの時は、相手を分断してたたく
   これ、今まで日本が中国からずっとやられてきたこと。

3)相手が自分より圧倒的にでかい時、どうやっても勝てないという時は、もう媚びへつらって次のチャンスを待つ。
   日米同盟の強化で、中国は日本に対して・・・。

だから、中国はこちらが弱いとどんどんやってくるのだ。


音声はちょうどここ(↓)から




その後も、トランプ大統領のアジア歴訪を受けて。
中国への最大のポイントは、 朝鮮半島有事の際に、中国は中立を保つのかということへの確認だったという話もあり、ますます為になる。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/

玉木雄一郎、石破茂 終わった!一瞬でわかるモリカケ

一瞬でわかるモリカケ問題。
経済評論家の上念司さんがバッサリ。

Yputube 必聴!
5分55秒あたりから。



玉木雄一郎 希望の党 新(共同)代表について
「獣医師会から献金をもらっていて、獣医師会に有利になるような質問をしていたら
これ、受託収賄罪になりますよね。」

安倍首相を批判する自民党の石破茂議員にも。
「石破さんが献金もらってつくった4条件、これもどうなのか。
あなた獣医師会から金もらって、新設できないように圧力かけたんじゃ?
国民が納得するように、どう説明するのか?」



悪事は隠せない、
ばれる時代になった。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

文在寅は北朝鮮のスパイ!?

トランプ大統領訪韓のニュースを見ると、
「文在寅は北朝鮮のスパイか!?」と思ってしまうほどの
迷走ぶりである。

迷走というよりも、むしろ確信犯と言ったほうがいいかもしれない。

「米国・日本との3カ国ではなく
中国、ロシアと組む」
と言った盧武鉉大統領時代、
その最側近だったのが文在寅大統領だ。

日本以上に国難にあるのが韓国。
韓国の保守派がんばれ!


この映像で、文在寅政権の正体がよくわかる。
  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
タグ/

日米韓の連携から外れる韓国 終了・・・?

このニュースを見て、韓国終わったなと感じた。

しかもトランプ大統領のアジア訪問直前のタイミングで。

中韓、THAAD巡り悪化の関係修復で合意 APECで首脳会談

日本、米国、韓国の連携で
北朝鮮、中国、ソ連の共産主義国に対抗するというのが
文鮮明先生の一貫した思想だった。

これが神とサタンの一線であると。

日本はこの度の衆議院選挙を通して
自民党の大勝、安倍政権の続行で
日米関係がますます強化される。

頼もしい限りである。

しかし、韓国の動向を見ていると
迷走が甚だしい。

(というか文在寅大統領の方針通り。)

反日、親中で、一体どちらの国の同盟国なのかと疑わしい行動。
完全に北朝鮮、中国の工作に負けている。

この状態で、米軍が本気で生命をかけて
韓国を守ろうという気になるだろうか?

日米韓の連携が崩れた時、
韓国は、北朝鮮と中国に飲み込まれるのではないだろうか?


文先生が生きておられたら
どうされただろう・・・と考えるこの頃だ。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村





タグ/

これぞ公明党の正体だ

これぞ公明党の正体!その通り(笑)

「コウモリのような、主張ではなく強い者に擦り寄るという本音が見透かされた気がする」

この記事より

公明、議席減で自民としこり=「自業自得」の声も


衆院選で自民党が大勝する一方、公明党は議席を減らし、党内に重苦しいムードが漂っている。

 安倍晋三首相は山口那津男代表に「協力不足」を認めて謝罪したが、独り勝ちした自民党への不満がくすぶっており、今後の連携に不安を残す形となった。

 「ひとえに執行部、特に代表の責任を深く自覚している」。山口氏は26日の記者会見で、議席を大きく減らした選挙結果について、厳しい表情でこう語った。

 公明党は、衆院解散時の「35議席維持」を目標に掲げたが結果は6減。小選挙区では2012年と14年に続く全勝記録が止まり、比例代表は2000年以降の衆参両院選を通じて初めて得票が700万票を割った。

 26日の中央幹事会では、井上義久幹事長が「ざんきの念に堪えない」と発言。来月10日に全国県代表協議会を開催し、選挙の総括をすることを決めたが、地方から執行部批判が出ることも予想される。

 党内には敗因の一つに自民党の努力不足を挙げる声が多い。中堅議員は「『比例は公明党に』と訴えない自民党議員が結構いた。うちの票で生き残った人もかなりいるのに」と指摘。公明党の支持母体である創価学会幹部も自民党関係者に「われわれは増えなかった」と恨めしげに語った。

 ただ、自民党側には7月の東京都議選で、公明党が小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」と手を組んだことへの不満から「自業自得」(中堅)と突き放す向きもある。公明党内でも「コウモリのような、主張ではなく強い者に擦り寄るという本音が見透かされた気がする」(党関係者)との声が漏れる。 






公明党は、憲法改正をしようとする安倍首相の足を引っ張ってるんで、それが嫌われたというのもあると思う。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
タグ/

たけし、衆院選メッタ斬り!民進党議員“鞍替え”は「泥船から泥船に」

さすがビートたけし、「泥舟から泥舟」とは表現が見事だ。

たけし、衆院選メッタ斬り!民進党議員“鞍替え”は「泥船から泥船に」

 タレント、ビートたけし(70)が24日、千葉・木更津市のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催されたゴルフコンペ「第5回MAXIMAオーナーズCUP」に出場。22日投開票の衆院選で圧勝した自民党と大敗した野党を得意の“毒舌”で斬りまくった。

 たけしは多くの民進党議員らが希望の党へ合流したことについて、「泥の船から泥の船に移っただけ。政党をコロコロ変えるのはみっともない。そんなマヌケなことをしてたら、そりゃ与党も喜ぶでしょ。自民党に入れるしかないもの」とバッサリ。

 一方、自民党が大勝したことにも危機感を募らせているようで、「やっぱり、同じダメでも歴史のあるダメのがいいじゃない。どうにか、もってきた自民党の方が。だから、自民党は勝っただけ」と指摘した。

 この日は相方のビートきよし(67)も出場。たけしは政界再編の秘策について「きよし、お前(選挙に)出ろよ」と仰天の出馬要請。「希望の党に対抗して、幸福の党でいいじゃないか」と続けて笑わせた。

 今年の流行語にも言及し「やっぱり『このハゲ~ッ!』だろう。あとは『一線は越えていない』ってやつだな」とニヤリ。政治家の不祥事による発言が話題となった1年だと総括した。



「幸福の党でいいじゃないか」と笑わせたって、
そこ、笑わせるとこなんだ。

タグ/

橋下徹氏、小池氏と前原氏の「大功績」と指摘「政党を行ったり来たりするチョロネズミが駆除」

ヤフーニュースの記事。

この指摘は的を得て痛快だ(笑)

橋下徹氏、小池氏と前原氏の「大功績」と指摘「政党を行ったり来たりするチョロネズミが駆除」

 元大阪府知事の橋下徹氏(48)が23日、自身のツイッターを更新し、22日に投開票が行われた衆院選についての見解を示した。

 橋下氏は「小池さんと前原さんにとっては敗北だろうが、民進党を2つのグループに整理し、政党を行ったり来たりするチョロネズミが駆除され、今後の国会においては憲法改正論議や安全保障論議が現実的なものになるという結果を生み出したことは日本にとって良かった」とツイート。

 希望の党代表の小池百合子都知事(65)と民進党の前原誠司代表(55)の「両名の大功績」とし、「二大政党制への道のりは長い」とつづった。



みんな思ってるけどうまく言葉にできない、
それをズバリと言う、痛快だ。

それはマスコミ以上だ。

トランプ大統領が支持されるのも
そういうところだろう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

これはひどい、TBSの放送事故

安倍首相を招いた生放送の番組で
とんでもない放送事故が起きてしまった。

番組の姿勢が、安倍首相を自ら招いていながら、首相の話を聞く姿勢ではない。
話を遮り、話を強引に森友加計問題に持っていこうとするばかり。

その理由が生々しくさらされた。

男性キャスターのイヤホンが外れていて
そこから聞こえてくるディレクターの「モリカケ、モリカケ」という指示が
ばっちりピンマイクで拾われていたのだ。

テレビによって作られる印象操作の決定的証拠。
8秒あたり
 ↓ ↓






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

民進崩れには「希望」の党(笑

衆議院解散総選挙で賑やかになってきた。

KAZUYAチャンネルでは
「民進崩れには希望」の党
という表現があって吹き出してしまった。

ズバリ(笑)



ともかく、
北朝鮮の核ミサイルや少子高齢化で
待ったなしの日本の情勢。

誰が(どの党が)本当に責任を持って対応しようとしているのか
しっかり見極める必要がある。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

求心力が増す?それとも遠心力が強まる?

民進党の山尾志桜里議員のW不倫騒動で、
また民進党は特大ブーメランをかましたなと思ったが
Yahoo!ニュースを読んで色々連想した。


山尾氏会見打ち切り「最悪の対応」批判次々
9/7(木) 23:45配信

 民進党の山尾志桜里元政調会長が既婚男性との不倫疑惑を報じられた問題で、山尾氏は7日午後8時過ぎに国会内で大島幹事長に離党届を提出し、会見を行った。しかし、質問を受けずに会見を打ち切ったことから、批判も浴びそうだ。民進党本部前から清田大輝記者が伝える。

     ◇

 党内からは早速、「誠実でない。男女の関係はないと全面否定するのならば、なぜ質問を受けつけて説明をしないのか」だとか、「最悪の対応だ。今後どうやって安倍政権に説明責任を求めるのか」といった強い批判の声が続々とあがっている。

 前原新執行部の船出には大きなダメージとなっていて、党内からは「出だしからイメージが最悪。これでは来月の3つの衆議院の補欠選挙も戦えない」といった嘆きの声があがっている。

 さらに、党内には、複数の議員が離党を検討していて、来週にもそういった動きが現実化しそうな状況がある。前原新執行部のスタートからのつまずきが離党予備軍の背中を押した形だ。

 船出したばかりの前原新執行部だが、求心力が増すどころか遠心力が強まっていて、その航海は厳しいものとなっている。



一つ目
 国民は、公的な立場にある人に、高潔な人格を求めている。ただ仕事ができれば良いという次元でなく
 人間的に尊敬できる人物なのか、国会議員であれば、真に国民の代表としてふさわしい人物なのか。
 何がスキャンダルになるかというと、「男女関係」「公金問題」そして
 「他人を(尊重するのでなく)傷つけるような発言、ふるまい」である。
 教会で学んだ「天法3か条」そのとおりである。単なる「教義」ではなく「宇宙の原理原則」なので
 だんだん社会もそのような方向になっているんだと感じる。

二つ目
 誠実な対応が求められている。過ちは誰にでもあるだろう。問題はその後だ。
 応急処置的にごまかして(ときには嘘をついて)その場を取りつくろうとするのか、
 それとも正直に告白し、懺悔して再出発を期そうとするのか、
 将来の結果は目に見えている。
 国民を馬鹿にしてはいけない。「信用」「信頼」というものを軽んじてはいけない。

三つ目
 「求心力が増すどころか遠心力が強まっていて」という表現に、吹き出してしまった。
 
さて我が家庭は、求心力が増しているのか、遠心力が強まっているのか?
我が教会は、求心力が増しているのか、遠心力が強まっているのか?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/

暴君をどう止める!?

北朝鮮がついに水爆実験をした。

広島原爆の8倍ともいう。

「気狂いに刃物」どころではない。
暴君にこんなものを持たせたらどうなるのか?

日本、米国はもちろん、世界を相手に脅しをかけている
この状況は異常である。

もちろん冷戦時代から米ソ間で核軍拡競争がなされてきて、
一端核戦争になれば人類が滅亡する量の核兵器が配置されている。

日本にも中国の核ミサイルの照準は当てられており、
米国の核の傘でなんとか守られている状況だ。

それにしても、
マスコミの「北朝鮮VS米国」「金正恩VSトランプ」といった
どこか他人事みたいな報道は問題だ。

さらに米国の対応のほうが悪いのでは
などと言い出す始末だ。

自分に反対するものは容赦なく処刑し、
しかも大衆の面前で公開処刑をする。
機関銃で跡形もないほどに処刑して
大衆を恐怖心でがんじがらめにする。

偽札造りや麻薬密売、武器輸出で外貨を稼ぐ。

歴史上、こんな凶悪な国家指導者、凶悪な国があっただろうか?

北朝鮮の核やミサイルが
ISの手に渡ったらどうなるか?

人類全体の脅威である。

こんな極悪の国がすぐ隣にあって、
水爆とミサイルを着々と準備しているという恐怖。

政府は国民の安全を守るために
なんとか対応しようとしていると思うが
足を引っ張る輩の多いことには呆れるばかりだ。

これをきっかけに、国民も長年の平和ボケから目を覚ますことだろうが
憲法改正、防衛力増強、
危機への対応は間に合うかどうか。


もし核弾頭、ICBMが完成してしまう危険を考えれば、
その前に実力行使で阻止する、
犠牲を払ってでも・・・
という可能性が増しているのではないか。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


タグ/

慰安婦問題の虚構を崩す衝撃動画を見つけた

事実は事実として、できるだけ客観的に知っておくのが必要だと思う。

この動画には驚いた。

日帝時代、娼婦として強制的に売られようとしていた朝鮮人女性を
日本の警察が検挙して助けたという新聞記事が多数。

日本軍が強制連行して慰安婦にしたという「虚構」が崩れる。

    ↓  ↓  ↓







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (155)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR