家庭連合の信者が幸福を科学すると

清水富美加インタビュー記事が産経に

清水富美加インタビュー記事が産経新聞に出ている。


 --今後は

 「5月23日に幸福の科学が新たに設立する芸能事務所に所属することになりました。映画の製作にも携わりながら、出演もどんどんしていく方向です。具体的にはすでに6本の企画があり、いずれにも出演する予定です」


なんだ「出家」って、幸福の科学関係の芸能事務所に所属して
映画に出演することだったのか?

あれだけ身勝手な行動をして、
そんなに簡単に受け入れられるのだろうか?

蒔いた種は自分で刈り取るしかない。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村





タグ/

オオカミ少年?危機に不感症の韓国

ネットで見つけた記事

韓国は「危機ボケ、危機不感症」 コリアレポート辺真一編集長が“オオカミ少年”化指摘

 朝鮮半島情勢に詳しいコリアレポートの辺真一編集長(70)が、25日に放送されたTBS系の情報番組「ひるおび!」(月~金曜、前10時25分)に生出演。北朝鮮人民軍創建日であるこの日、日本海沿岸の元山付近過去最大規模の砲撃訓練を行うなど、一触即発の緊張感が高まる中、韓国からは危機を感じる声があまり聞こえてこないことに「危機ボケ、危機不感症ですね」と、皮肉を込め表現した。

 朝鮮戦争が1953年7月に休戦して60年以上、「オオカミがやってくる、北朝鮮がやってくると言われつつも、毎度いつものパターン。不感症ですね」と、今回のような状態でも“オオカミ少年”状態で冷めていると指摘。「北より大統領選挙で浮かれているのが現実」と解説した。

 同席した、共同通信の磐村和哉編集委員も「(韓国民は、北朝鮮が)核開発をしようが、同じ民族には使わないだろう。あれはアメリカ向けだ(と思っている)」と楽天的な考えが多いと補足。辺編集長は「日本も『平和ボケ』と言われていたが今回は若干違い(危機感を持って)ますね。(北朝鮮は核を米まで運ぶ大陸間弾道ミサイルの)ICBMを持っていないので、日本に飛んでこないとも限らない」と、予断を許さない状況は変わらないとした。




この記事を読んで、なぜ極左の大統領候補が支持を受けているのか
少しわかったように思う。

韓国人の本音として
「北が核を保有するということは、いずれ統一したときに韓国が核保有国になるということだ。それでこそ中国にも対峙できる」と
楽観視する声を聞いたことがある。

北朝鮮と米国の戦争になった時、韓国は本気で米国とともに北朝鮮と戦うのだろうか?
同民族ということで、むしろ北朝鮮にシンパシーを感じる人も少なくないのでは?

しかしそれは幻想に過ぎない。認識が甘すぎる。
共産主義にたいしてあまりにも無知なのではないか。

親兄弟でさえ密告し、仲間をリンチし、
同族を何百万人と虐殺してきた共産主義の歴史をみれば
すぐわかる。

中国共産党、カンボジアのポルポト政権、連合赤軍、等々。

目覚めよ韓国!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

タグ/

辞めた人、死んだ人を全否定するのが韓国文化?

朴槿恵前大統領のやったことを全否定しようとする韓国社会の様子をニュースで見て、
思い出したことがある。

韓国人の教会長が人事で自分の教会にやってきたとき、
前任者のやってきたすべてを否定して
まったく新しいことを始めようとする。

日本人なら、前任者から引き継ぎをし、
良い点は残してより発展させようとするものだ。

改革するとしても、しばらくは様子を見てじわじわ改革していこうとするもの。

しかし韓国人の教会長は人事でやってくるなり
部屋を変えたり、リフォームしたり、
伝道方法をガラリと変えたり、
日本人とはぜんぜん違うな~と思ってきた。

その教会長が何年もそこにいるならまだましだが、
1年や半年そこらで人事になって
さらに次に来た教会長も韓国人なら
1年とか半年で伝道方法がコロコロ変わったりして
これではいつまでたっても積み上がらないし、
基盤は残らない。

日本人とは考え方や行動様式が全然違うんだなとは思ってきたが、
朴槿恵大統領の件をみると、
これは韓国人全体に言えることのようだ。

日本人は、死んだ人のことは「仏様」として、あまり悪く言わない。
辞めた人のことも、悪くは言わない。

あの人は確かにこんな問題を起こしたけども、
いい人ではあったよね とか 
功労を積んだ部分に対してはしっかり認める
これが日本の文化だと思う。

つくづく、韓国と日本では全然違うものだ。

儒教文化と仏教文化の違いなのだろうか?

どちらが良いとか悪いとかはわからない。

ただ日本人である自分は、
この点に関しては、日本式のほうがしっくり来る。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

こんな本が出ているので注目したい。



まだ読んでいないが、著者のケント・ギルバート氏と百田尚樹氏の対談で解説していて
それを聞くと内容はだいたいわかる。



自分なりの理解ではこうだ。

儒教の精神=親孝行。
  ↓
下の者が上の者に尽くすのは当たり前
  ↓
上の者は下の者に感謝もしない。当たり前だから
  ↓
韓国と日本では、「韓国が上、日本が下」ということになっている
(兄と弟という感覚だろうか)
  ↓
日本が韓国のために尽くしたことは当たり前
日本が韓国を支配した恨みは1000年たっても忘れない


たしかに「儒教」は中国、韓国を理解するキーワードだと思う。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村



タグ/

韓国の反日、日本の嫌韓、仕掛けたのは中国

朝鮮半島で戦争前夜のような気配の今日この頃、
隣国だけに日本にとっても重大事である。

当然日本もミサイルの射程に入っている。

中国と北朝鮮という共産主義国
vs
日本、米国、韓国の民主主義国

という構図で、

朝鮮半島の38度線を境に
共産主義と民主主義が対立している。

それに対して中国が仕掛けてきたのが
「慰安婦」問題で、
韓国の反日を煽り、日本の嫌韓を誘い、
韓国と日本を分断させる作戦。
さらに日本の戦争犯罪として
米国と日本の関係にヒビを入れること。

この策に韓国はまんまとハマり、
日本との関係を切り
さらには米国との関係を切って
中国、北朝鮮側につくのではないか
というくらいの勢いだ。

韓国にはホトホト愛想をつかして距離を置こうと
日本に広がる嫌韓も、
中国の狙い通りと言える。

中国と米国という大国の狭間で揺れる朝鮮半島。

武力で睨み合ってはいるが、その前に
情報戦であり、経済戦である。

またその背後には、価値観の戦い、
思想戦がある。

偽の情報、思想で混乱を呼び込む中国は
どこまでもしたたかである。

「戦わずして勝つ」孫子の兵法ばりに
プロパガンダを繰り返す。

その惑わしを越え、
日本、米国、韓国が一つとなって
中国、北朝鮮に対峙できるか。

それとも日本、米国、韓国が
中国の狙い通りに分断されて・・・。









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村






タグ/

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
救世主の生き様 (18)
ブログ (135)
宗教と科学 (32)
目指すもの (41)
幸福の科学のこと (282)

おすすめ書籍

92年生涯の真実。ブックオフに行けば108円で購入できます。勇気を出して(笑)ぜひ一読してみてください。百聞は一見にしかずですよ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

プロフィール

自由人

Author:自由人
FC2ブログへようこそ!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR